ここから本文です

天使の処刑人 バイオレット&デイジー (2011)

VIOLET & DAISY

監督
ジェフリー・フレッチャー
  • みたいムービー 26
  • みたログ 76
  • ユーザーレビュー 13

2.69

解説

シアーシャ・ローナンとアレクシス・ブレデルがW主演を果たしたバイオレンスアクション。キュートでチャーミングなティーンエイジャーの殺し屋コンビが引き受けた、ある仕事にまつわるてん末を臨場感たっぷりに描き出す。監督を務めるのは、本作がデビュー作となる『プレシャス』の脚本家ジェフリー・フレッチャー。天使のような主人公たちが体験する、一風変わった心理劇に夢中になる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

まだ10代のバイオレット(アレクシス・ブレデル)とデイジー(シアーシャ・ローナン)は、ニューヨークでプロの殺し屋として簡単な仕事のみオファーを受けて、日々過ごしていた。ある日、彼女たちのもとに仲間のラス(ダニー・トレホ)から報酬アップの簡単な仕事の依頼が舞い込んでくる。いったん断ったものの、二人は条件の良さにつられて引き受けることに。そして、標的のアパートに潜入し……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここまでです このページの先頭へ