ここから本文です

カトリーヌ・ドヌーヴ

生年月日
1943年10月22日
出身地
フランス/パリ

略歴

本名はCatherine Dorleac。両親共に俳優。姉は故フランソワーズ・ドルレアック。中学当時から幾つかの作品に端役で出演。本格デビューは60年の“Les Portes claquent”。翌年「パリジェンヌ」の第4話に出演。62年には「悪徳の栄え」で大注目を受け、「シェルブールの雨傘」でその人気は決定的なものになる。以降、匂い立つような妖艶さを活かしつつ、演技にも磨きがかかり、多数の作品に出演。そのどれもが代表作といえる名演でファンを魅了。そしてその美貌は90年代になっても衰えることなく、正に“大女優”の名で今尚活躍を続けている。ロジェ・ヴァディム監督とは61年から交際が始まり63年、クリスチャンを出産。しかし結婚はせずにその年に別離。65年写真家と結婚するが70年に離婚。マストロヤンニとの間には72年にキアラを出産したが未婚のまま破局を迎えた。(クリスチャン、キアラ共にその後俳優になった)

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第61回(2008年)
  • 特別賞
ベルリン国際映画祭 第52回(2002年)
ヴェネチア国際映画祭 第55回(1998年)
本文はここまでです このページの先頭へ