ここから本文です

リドリー・スコット

生年月日
1937年11月30日
出身地
イギリス/サウスシールズ

略歴

ウエスト・ハートブール美術大学を経てロンドン王立美術大学に進み、映画を専攻。卒業後はBBCにセット・デザイナーとして入社、やがてテレビ番組の演出を手がけるようになる。BBCを退社後、自らCF制作会社を設立。10年間で3千本近いCFを作り、77年に「デュエリスト/決闘者」で監督デビュー。続いて「エイリアン」が世界的大ヒットを記録、「ブレードランナー」で不動の地位を獲得した。その後は「テルマ&ルイーズ」でアカデミー監督賞候補になったが他の作品では停滞が続いた。が、2000年の「グラディエーター」で再び大作監督として復活、問題作「ハンニバル」を手がけ世界的にヒットさせた。89年に二度目の離婚を経験。弟のトニー、息子のジェイクも監督になった。

allcinema ONLINE(外部リンク)

受賞歴

映画賞受賞回(年度)受賞部門 / 作品
カンヌ国際映画祭 第30回(1977年)
本文はここまでです このページの先頭へ