ここから本文です

『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』上野樹里&玉木宏 単独インタビュー

2009年12月18日 更新

『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』上野樹里&玉木宏 単独インタビュー

二ノ宮知子原作の同名コミックを映像化し、高視聴率をたたき出したテレビドラマ「のだめカンタービレ」。その映画版にして、完結編でもある『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』がいよいよ公開! 音大での日々を経て、クラシックの聖地ヨーロッパでの生活を送る主人公、のだめと千秋を演じた上野樹里と玉木宏に、2部構成の前編について話を聞いた。

■のだめと千秋先輩の成長ぶりに期待

■のだめと千秋先輩の成長ぶりに期待

Q 映画版におけるのだめと千秋先輩の見どころは?

玉木
前編に関して言えば、千秋は伝統あるオーケストラの常任指揮者を任されることになるんですが、それがものすごく駄目なオケで……。千秋はまじめな男なので、必死になってオケを立て直そうとするんです。でも、それによってのだめとの関係にズレが生じ始める。その二つの局面が見どころですね。
上野
そうそう。千秋先輩は必死に頑張っているのに、のだめはうじうじした恋愛モードに入っていくんです。恋のライバルも登場しますし。今までは一緒にいることが多い二人だったけど、今回は一緒にいることが少なくなるんですね。まあ、のだめは千秋先輩をストーカーしますけど(笑)。それぞれが自分の時間の使い方を考えて頑張らなくちゃいけなくなる。そういった物語の幅も面白いと思います。

Q のだめと千秋が成長してきているということですね。

玉木
映画版の台本を読んで真っ先に感じられたのが、二人の成長ですね。パリに行ってから1年以上が過ぎ、それぞれ日本にいるときとは違う環境の中にいるんです。
上野
のだめはまだ甘えている感じなんですけど、それでも千秋先輩にずっとべったりしているわけじゃない。今までは、のだめちゃんという感じだったのが徐々に大人の女性になりかけているので、その辺りの変化を観てもらえたらうれしいですね。

■ヨーロッパでのケタ外れな撮影に感激!

■ヨーロッパでのケタ外れな撮影に感激!

Q ヨーロッパでのロケも話題ですが、映画版ならではのスケールを感じる撮影はありましたか?

上野
変態の森のシーンとか、クレーンを使って大掛かりにしたり、細かいところにこだわったりしていました。「そこに力を使いますか?」っていうくらい(笑)。あらゆるところに時間をかけて、真剣に作っています。もちろん、演奏シーンもすごいですよ。
玉木
数々の有名なホールで撮影ができたこともそうですが、ホールで撮影をするときなんて、1,000人近い観客役のエキストラの人たちが毎日のように来てくれたんです。それができたのも、たくさんの地元スタッフの方々が一生懸命手伝ってくれたからだと思います。
上野
毎回ホールの撮影現場の外に、救急車が待機していたんです。長時間の撮影だったので、倒れる人が出た時のために。「救急車か……」って、ちょっとびっくりしましたね(笑)。それくらい大きなことをしているんだって感じました。
玉木
そこまでのケアをしてもらっている状況がありがたかったですね。大きなトラブルもなく済んで良かったです。

Q 旅のハプニング的なものはありましたか? 財布を盗まれたキャストもいるようですが……。

上野
わたしたちは何もなかったです。だいぶ長いこと向こうにいたのに……。
玉木
そうだよね。僕たちの方がむしろハプニングが起こりうる状況だったと思うんですけど。まあ、何事もなくて良かったです。

■のだめと千秋先輩の恋愛模様は生っぽい!?

■のだめと千秋先輩の恋愛模様は生っぽい!?

Q やはり気になるのはのだめと千秋のロマンスの行方ですが、映画版ではロマンチックなシーンも観られますか?

上野
ロマンチックって!(笑)
玉木
ロマンチックかどうかはわからないですけど、今までは二人の恋愛模様がきちんと描かれることが少なかったので……。
上野
今までよりは、生っぽい感じですかね?
玉木
うん、すごく生っぽいし、一人の女性と一人の男性として描かれている感はあります。僕ら自身、のだめと千秋の恋愛感情をどっぷり演じるのは初めてでした。
上野
ただ、あまりにも生っぽすぎると、『のだめ』の場合は逆にがっかりされちゃう。その加減がすごく難しいですね。
玉木
そうなんですよ。ただ、そういった意味では、今までのテレビシリーズでは観られなかった、初めてのものが詰まっている映画だと言えます。

■合わないようで相性ぴったりの理由を分析

■合わないようで相性ぴったりの理由を分析

Q のだめと千秋の関係をどう思いますか?

玉木
すごくいい関係だと思います。一見釣り合っていないように見えて、実はとても釣り合っている。歯車がぴったり合っている気がします。それぞれがきちんと自分たちの進みたい方向を見据えているのも、すごく気持ちのいいことだと思います。
上野
のだめも千秋も身近にはいないキャラクターに思えますけど、大げさに描かれているだけであって、皆どこかにのだめ的な要素だったり、千秋的な要素を持っていたりすると思うんです。それぞれ目指すものがある中で、恋愛感情を抱き合っている。多くの場合、恋愛感情だけに陥りがちでドロドロしたりもすると思うんですけど、二人とも音楽という共通の目標を背負っているから、健康的な関係でいられるんですよね。

Q 普通の恋人同士は乱闘とかしないですけどね(笑)。

玉木
まあね。そのへんは誇張ということで(笑)。
上野
トランプの大富豪で言う、8流しみたいなものですよ。
玉木
は、8流し?
上野
ごちゃごちゃっとしたものを、1回すべて流しちゃうというか。のだめも千秋も、意外といろいろなものを背負っている人たちだから、まじめに背負うばかりじゃ人生やってられないでしょう? 「飲んじゃえ!」っていうノリと一緒なんです。
玉木
なるほどね。しかも、そういったものを音楽できゅっと締めていますからね。たとえ8流しをしても、その後物語としてきちんと再生しているのが「のだめ」シリーズのすごさだと思います。

Q 最後に、ご覧になる方にメッセージをお願いします。

玉木
今までテレビシリーズで培ったベースがありつつも、映画版ならではのプラスアルファの要素がいろいろ詰まっていると思います。奥深さも増していますし、テレビドラマから映画になった意味を十分感じさせる作品に仕上がっていると思います。
上野
人間的に成長したのだめと千秋を、今までよりもっと身近に感じてもらえたらうれしいです。漫画から生まれたキャラクターですけど、人間が演じているものですし、二人とも人間だから。きっと共感してもらえたり、感動してもらえたりすると思います。もちろん、コメディーとして振り切ることも忘れていませんので!
前編の公開を心待ちにする一方、毎日後編の撮影に励んでいるという二人は、この日も映画の中ののだめと千秋そのもの? 息もぴったりの掛け合いを見せつつ、作品の世界観やキャラクターたちに込めた思いについて、熱心に語ってくれる姿が印象的だった。夜遅い時間帯のインタビューだったにもかかわらず、エネルギッシュな二人が放つパワーは強烈。そんな彼らが中心にいるからこそ、「のだめカンタービレ」は無限の魅力を持つシリーズとなったのだろう。
(C) 2009 フジテレビ・講談社・アミューズ・東宝・FNS27社

取材・文:渡邉ひかる 写真:尾藤能暢

映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』は12月19日より全国公開

本文はここま>
でです このページの先頭へ