ここから本文です

『トリガール!』土屋太鳳&間宮祥太朗 単独インタビュー

2017年8月31日 更新

『トリガール!』土屋太鳳&間宮祥太朗 単独インタビュー

鳥人間コンテストが題材の中村航の青春小説を映画化した『トリガール!』。土屋太鳳演じる毒舌ヒロインの鳥山ゆきなと、間宮祥太朗ふんするヤンキーかぶれなのにメンタル最弱の先輩・坂場大志は、ひょんなことから二人乗りの人力飛行機のパイロットとしてコンビを組むことになる。これまでにないキャラクターで初共演を果たした二人が、最高に笑えて感動できる映画の撮影を振り返った。

■台本を開いたら大量のかけ合いのセリフが…

■台本を開いたら大量のかけ合いのセリフが…

Q 『トリガール!』の台本を最初に読んだときは、どんな感想を持ちましたか?

土屋太鳳(以下、土屋)
お話をいただいたときに、まず、テレビで観て感動したあの鳥人間コンテストを映画にしたらどうなるんだろう? と思いました。しかも台本を読んだら、ものすごい量のかけ合いのセリフがあって、それがどんなリズムになるのか想像ができなかったんです。でも、題材が誰もが熱くなれる鳥人間コンテストだったので、おもしろいかけ合いができたら、すてきな映画になるような気がしました。
間宮祥太朗(以下、間宮)
鳥人間コンテスト誕生40周年の記念すべき年に、「トリガール!」を映画化して公開できることがまずスゴいですよね。小説を読んだときに感じたみずみずしさに、生身の人間ならではの汗臭さみたいなものも加わって、すてきな青春映画ができあがるような予感はしていました。

Q パイロットとしてコンビを組むことになる、ゆきなと坂場をどんな風に演じましたか?

土屋
ゆきなちゃんは一見サバサバした女の子に見えるけど、実は自分の本当の気持ちを隠したり、周りの人とうまくつき合っていくために無理をしてサバサバした感じにしているところがあるんです。だから、自分から言葉をどんどん発しているときほど、ゆきなちゃんの内面を大事にして。坂場に対する言葉のつむぎ方も、映画の最初と最後とでは少し変化が感じられるように意識しました。
間宮
ヤンキーかぶれなのにメンタルが弱かったり、二次元の女の子が好きだったりという坂場のキャラはツッコミどころ満載です。それが彼の魅力でもあります。今回は役づくりといった役づくりはしていなくて、現場で感じたもの、生まれたものがそのままおさまっているというか。こんなに自由に、好き勝手にお芝居をしたり、セリフを言ったりすることもあまりないので、楽しかったし新鮮でした。英勉監督もそのライブっぽい生の空気を大事にされていたので、みずみずしいお芝居になっているんじゃないかな。ゆきなと坂場が口喧嘩をするシーンは、演じていても楽しかったですね(笑)。

■「祥太朗って呼んでいいよ。俺も太鳳って呼ぶから」

■「祥太朗って呼んでいいよ。俺も太鳳って呼ぶから」

Q 口喧嘩のシーンは何度も出てきますね。

間宮
酔っ払いのゆきなもいたしね(笑)。
土屋
酔っ払い方がわからないので、こんな感じかな~と思いながらウワ~って勢いでやったんだけど、あの酔っ払ったゆきなはどうだったんだろう? みなさんがどう思うのか、なんか怖いな。でも、酔っ払ったお芝居をしていると、酔っ払ってこない?(笑)
間宮
それはわからないけど、太鳳の酔っ払い方がすごくコミカルで、大胆に酔っ払うな~と思った(笑)。
土屋
あの一連のかけ合いは卓球のラリーのようなスピードだけど、祥太朗は心のキャッチボールをすごく大事にしてくれたよね。私が「間宮くん」って呼んでいたら、「祥太朗って呼んでいいよ。俺も太鳳って呼ぶから」って言って積極的に心を開いてくれて、それで、“コンビを組む”ということをちゃんと意識してお芝居ができたような気がします。
間宮
ゆきなが酒で潰れて、僕が居酒屋の店員さんに「すみません」って謝るところは確かアドリブだったんじゃないかな。どのシーンにも、アドリブが少しずつ入っているよね。
土屋
監督の的確な演出と祥太朗の生き物のようなアドリブのおかげで、私のお腹の中の感情が自然に引っ張り出された感じだった。

Q ダンスバトルのシーンも楽しかったですね。

間宮
ダンスはやってこなかったし、センスもないので、先生に言われたことを文句を言いながらひたすらやっていたけど、あれは正直大変だった(笑)。
土屋
あのダンスはけっこうステップが難しかったから、私も鏡を見つけるたびにその前で練習しました。当日も夜からの撮影だったので気合いを入れて現場に行ったんですが、そしたら祥太朗が攻めの姿勢で来たので私も頑張らなきゃ! と思った(笑)。
間宮
攻めるしかなかったからね(笑)。
土屋
私は監督に「間宮くん、すごくいいよ。ゆきな、ちょっと押されているんじゃない?」って言われたので少し焦りました。でも、おもしろかったから、全力で踊りました(笑)。

■ロードバイクに乗るシーンは必死

■ロードバイクに乗るシーンは必死

Q ロードバイクに乗って脚力を鍛えるシーンもありましたが、あれもかなり練習したんですよね。

間宮
撮影の1か月ぐらい前から練習したんですけど、太鳳が別の作品に入っていたから、なかなか一緒にはできなかったね。
土屋
そうそう。私はロードバイクを前の作品のロケ地の北海道に送っていただいて練習しました。そのときは気持ちよくて、ロードバイクっていいな~と思ったけれど、二人で坂をガーっと下っていくシーンの撮影のときは、祥太朗のロードバイクのスピードが本当に速かったからついて行くのに必死で。そこは劇中のゆきなと一緒だった。
間宮
太鳳が本気でこいでも、さすがにそこは僕の方が速かったからね。
土屋
『トリガール!』の宣伝を兼ねて、みんなでロードバイクに乗ってどこかに行きたい。

Q ロードバイクで全国プロモーションとか?

間宮
絶対に嫌だわ(笑)。
土屋
え~、おもしろそうなのに! 現地の人たちと触れ合ったりして楽しそうですね。
間宮
(しぶしぶ)それは楽しいだろうけど……そう言えば、撮影が終わったら劇中で使ったロードバイクをくれるって言っていたから期待していたのに、もらえなかったね(笑)。
土屋
あ~、そう言えばそうだった(笑)。

■飛行シーンの撮影後に芽生えたのは男同士の友情!?

■飛行シーンの撮影後に芽生えたのは男同士の友情!?

Q クライマックスの鳥人間コンテストでの飛行シーンは、クレーンで吊り上げた機体のコックピットの中で撮影したんですよね。

土屋
はい。でも、機体が風をうまく逃がすようにできているから、コックピットの中はとっても暑くて。そこでロードバイクをこいで、二人のセリフのかけ合いのリズムを合わせなければいけなかったので、気力も体力も限界に近かったし、本当に殺人的でした。
間宮
いや~、出たり入ったりはしたけれど、1日中撮影していたし、あれは表現や芸術のレベルを超えて普通に肉体労働だったよ(笑)。
土屋
でも、スタッフさんが合間合間でパンパンになった脚をもみほぐしてくれたので、暑くて大変だったけれど、全力で集中することができて。コックピットの中の撮影がすべて終わったときは、殴り合ってわかり合えた男同士の友情に近いものを感じたから、「ありがとう」と言って祥太朗と握手をしたけど、込み上げてくるものがあって、ワ~って泣いちゃいました(笑)。
間宮
僕は泣いている太鳳と、その姿に心を打たれて周りの人たちまで泣いているのを見て、なんてきれいな人たちなんだろうと思った。
土屋
それを言うなら、私も最初の試写を観たときに「祥太朗が最高だ~!」と思った。すぐに電話をかけて、「祥太朗、よかったよ」って伝えました(笑)。

取材・文:イソガイマサト 写真:高野広美

映画『トリガール!』は9月1日より全国公開

本文はここま>
でです このページの先頭へ