ここから本文です

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大 単独インタビュー

2020年2月17日 更新

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』千葉雄大 単独インタビュー

志駕晃のミステリー小説を中田秀夫監督で映画化したサスペンスの続編『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』で、前作にも登場した過去のトラウマを持つ刑事・加賀谷学を演じた俳優・千葉雄大。本作では、物語の主人公として、新たに起きた連続殺人事件の謎に迫るサイバー犯罪捜査のプロフェッショナルな面と、恋人との関係に煮え切らない人間味あふれる面など、多面的にキャラクターを表現した。そんな千葉が「大好きなチーム」と語った中田組での撮影や、恋人役の白石麻衣との撮影エピソードなどを語った。

■中田組の“みんなで作っている感”が大好き!

■中田組の“みんなで作っている感”が大好き!

Q 2018年に公開された前作は大ヒットを記録しましたが、撮影当時から続編の話は出ていたのですか?

続編の話を聞いたのは、前作の映画の公開が終わってからです。僕としては続編ということはまったく予想していなかったので驚いたと同時に、本当に大好きなチームだったので、またご一緒できるというのが一番嬉しかったです。

Q 「千葉さん主演で」というお話にはどんな感想を持ちましたか?

どうなんですかね。僕なんかでお客さん呼べるのか! ということですかね(笑)。まあ、自分が真ん中でどうやるかという意識よりも、とにかく作品の質を上げたいというか、前作を経験しているなかで、自分が引き続いてやっていきたいことなどは積極的に中田監督やプロデューサーと話をさせていただきました。「より作品に参加した」という意識は強かったです。

Q 「大好きなチーム」というのはどういった部分が?

これまでの作品もすべてすてきな現場でしたが、中田組というのは、非常に独特なんです。特に中田監督は面白い。「あと1ミリ上げて」などという細かい演出はもちろんなのですが、本番に臨む前の段取りで、助監督さんらで“劇団演出部”を作って、僕らの前で、事細かにお芝居をするんです。それを僕らが観て「こうしてみたら」とか「こんなアイデアあるんだ」って話し合いをする。みんなで一緒に映画を作っているみたいな感覚が好きなんです。

Q 前作で北川景子さんも「20パーセント恐怖を足して」というような演出をされたとお聞きしました。

僕にもそういう演出はありました。実際できているかわかりませんが、明確でいいですよね。そういう理系的な演出をする一方で、ヘアメイクさんから聞いた話なのですが、隣の人に思いを馳せる芝居のとき、長めに目線が欲しかったようなのですが、中田監督は「隣の人の幸せを横顔で粘って」と演出したそうなんです。すごく映画的というか文学的な表現だなと。理系的でもあり、文学的でもある……やっぱり面白い監督だなと思いました。

■心配事や不安は紙に書いて整理する

■心配事や不安は紙に書いて整理する

Q 前作では、暗い過去を匂わせつつも、あまり深い部分まで描かれていなかった加賀谷ですが、本作では彼の過去が浮き彫りになってきます。どんなアプローチをしましたか?

前作から加賀谷を演じていて、いろいろなものを背負いつつも、素直に前に進んでいる人物だなという印象でした。いわゆる世間で言うところの男らしさではないのですが、別の芯の強さもある男性というか……。でも今回は、いろいろな人の波にもまれて揺れ動きながら前に進む、弱い部分を出せたらなという意識を持っていました。

Q 弱さという部分では、加賀谷のようになにかを心に抱えてしまっているとき、千葉さんならどうやって解決しますか?

人に相談することもありますが、基本的には自分一人で解決しようとしますね。一番多いのは文章に書くことです。嫌なことがあったり、どうしていいかわからないことがあったりすると、まずは問題になっていることを紙に全部書き出すんです。そうすることで一旦心のなかが整理されることが多いですね。

Q 書かれたものは誰かに見せることはあるのですか?

人には見せません。書くだけでも自分自身を客観的に見つめ直すことができるので、自分のなかでは大きな作業です。あまり感情的になりすぎると、「もういいや」と投げてしまうことがあるので、なるべく冷静さを保つように心掛けています。でも人間関係などは、先延ばしにすると面倒くさくなるので、直接会って自分の思いを伝えるタイプかもしれません。

■白石麻衣や女性スタッフたちに恋愛リサーチ

■白石麻衣や女性スタッフたちに恋愛リサーチ

Q 加賀谷は、事件解決のために奔走する敏腕刑事と、恋人の前では煮え切らない男という二面性を持つ男性でしたが、そのあたりの演技はどんなプランを考えていましたか?

ミステリー要素に重きを置くと、重厚さがフィーチャーされがちですが、加賀谷は恋人とうまくいっていなくて心に悩みを抱えるという人間臭い男でもあります。例えば失恋しても、事件が起これば何食わぬ顔で仕事をしなくちゃいけない。そこは切り替えができる感じを持たせつつ、どこかで私生活を引きずるようなところも垣間見えるような塩梅でやっていました。

Q 白石麻衣さん演じる恋人・松田美乃里との関係も、本作では大きなカギを握りますね。

前作をやっているとき、加賀谷に恋人がいるとは思っていませんでした(笑)。でも今回の描かれ方だと、恋愛でははっきりしていない性格ですよね。女性からすると「はっきりしなよ!」と突っ込まれそう(笑)。なんで美乃里は加賀谷のことを好きになってくれたんだろうというのは考えましたし、白石さんをはじめ、いろいろな女性陣に意見を聞きました。

Q どんな意見が多かったですか?

加賀谷は「ご飯を食べに行こう」となったとき「君の好きなところにいこう」と言うタイプですよね。でも具体的に「おいしいイタリアン見つけたから行こう」と言ってリードしてくれる男性の方がいいと言う女性が圧倒的に多いんです。逆に言えば、そんな加賀谷だから、白石さんが演じた美乃里のように姉さん女房的で、はっきりした性格の女性と合うんじゃないかという意見もあり、なるほどと腑に落ちました。

Q 実際の千葉さんは加賀谷みたいな男性には共感できますか?

僕も「はっきりしろよ!」と思っちゃいそうです。ただ自分も、日常的にご飯を食べに行くとかいう決めごとははっきりしているのですが、大事なことは割と相手の意見を聞いてしまうし、自分に余裕がなかったりすると、先延ばしにしてしまう傾向はあります。

■言いたいことを口に出すからには、そこに責任が生まれる

■言いたいことを口に出すからには、そこに責任が生まれる

Q 前作同様、観賞後なんとも言えない不安にさいなまれる作品でした。千葉さんの危機管理意識は上がりましたか?

僕もスマホや財布をなくしたことがあるので、このシリーズに携わってから、めちゃくちゃ気をつけています。特にお酒を飲んだとき、財布やスマホって忘れがちなので、いくら酔っぱらっても気をつけています。もし落としたら、スマホ決済などもできるし、いろいろな人の連絡先も入っているので怖いですよね。

Q スマホがなくても生活できますか?

正直僕はなくても生きていけるような気がしますが、仕事柄やっぱり必要ですね。でも、あまり使いこなせていないので、シンプルな機能だけでも十分かなと。

Q 3月で31歳になりますが、30歳の一年間はなにか変わりましたか?

仕事においては、自分からやりたいことを意識して口に出せるようになってきました。一方で、それを口にするからには、実現するための努力が必要。言うだけで実現できなければ意味がないという責任感みたいなものは増してきているように感じます。ただ私生活ではまったく成長していないですね(笑)。

Q いまの千葉さんの武器は?

ないです(笑)。踊れるわけでもないし、歌がうまいわけでもない。英語もしゃべることができないし、楽器も弾けない……。自分に武器がないのは結構焦ります。だから欲しいです。頑張ります!

取材・文:磯部正和 写真:尾藤能暢

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』は2月21日より全国公開

本文はここま>
でです このページの先頭へ