ここから本文です

『ソワレ』村上虹郎 単独インタビュー

2020年8月27日 更新

『ソワレ』村上虹郎 単独インタビュー

豊原功補と小泉今日子が「こんな監督(=外山文治)がいるんだ! ということを世の中に知らしめたかった」と映画初プロデュースに挑んだ『ソワレ』。村上虹郎が演じるのは、小劇団に所属して役者を志すも、なかなか芽が出ない状況に静かな焦燥感を覚える岩松翔太。翔太は芋生悠演じる、心に深い傷を負った山下タカラと出会い、ある事件をきっかけに突発的な逃避行へと走り出す。二人、その行く先は? 数々の出演作で唯一無二の存在感を放ち、今作でも光る演技を見せた村上が語った。

■社会との距離がうまくとれず、その狭間に陥っている

■社会との距離がうまくとれず、その狭間に陥っている

Q 『ソワレ』のプロデューサーである豊原功補さんと小泉今日子さんとは舞台「シブヤから遠く離れて」(2016)で共演、外山文治監督とは短編映画『春なれや』でご一緒されています。

『春なれや』を含む短編三部作のDVD化を記念したトークショーがあって、それに豊原さんと小泉さんがいらっしゃって。あれなんで? と思ったんですけど(笑)、そこから今回の出演への流れになりました。監督とはたびたびジョーク混じりに「つぎは長編ですね」と繰り返していたのですが、お話をいただいたときは、まさか本当に!? と思いました。とても光栄でした。

Q 台本を読んだ印象は?

僕が演じる翔太はいまいる世界ではどうしようもない、そこで生きていても精神的に押しつぶされると感じていて、ここから逃げ出したいという想いを抱いています。まあ逃げざるを得なかったんでしょう。自分がいただく役はそんな風に社会との距離がうまくとれず、狭間に陥っているものが多いです。あとは、この映画は青春モノでもあって、また自転車をこぐんだな! と思ったりしました(笑)。

Q 翔太という役の印象は?

まず、役者の役なんですよね。もちろん自分も役者で他の職業よりは知っているので、イチから知らないといけないということではありませんでした。でも逆に、自分と近い方が難しい。映画を観てくださる方の少なくとも何割かは僕を知ってらっしゃる中で、役者をどう演じるのか。そういう作品はたくさんありますが、それを成立させる方法が自分の中になかったんです。

■ぎりぎりまで迷い、現場で役を知る

■ぎりぎりまで迷い、現場で役を知る

Q 役柄へのアプローチはどのように?

役ってつくるものじゃないと思っているんです。そうなればいいし、そうあればいい。すると勝手にスクリーンが見せてくれる面もあると思うので、余計なことはなにもしなくていいというか。もちろんつくり上げないといけないものでもあって、この役をどう構築しよう? というのが最初はわかりませんでした。ぎりぎりまで迷い、現場で彼を知るというところがありましたね。

Q タカラの存在が、やはり重要になりますよね?

でも翔太はタカラをあまり知らないんですよね。タカラは翔太を見てるけど、翔太は天然というか……。翔太は自分やなにかに対してのどうしようもない怒りを抱えていて、そこに無自覚な人間なのかなと。

Q 翔太とタカラは一緒にいると成立する、そんな関係性なのでしょうか?

お互いに自分のことがテーマで、いつでも自分のことを考えている。やっぱりそこは大事だし、正直ですよね。だから二人は寄り添ってもいない、ある意味でずっと平行です。それぞれが半円のような弧を描いていて、翔太の方が反り方も激しい気がします。プライドが高いし、男だし。タカラに対して、なんで足を引っ張る? というのも本心だと思うんですけど、タカラは些細な居場所がほしいだけだったりする。求めているものが全然違うのかなと。

Q タカラを演じた芋生悠さんの印象は?

最初にお芝居を拝見したのは豊原さん演出の舞台でしたが、なんて大きい人だろう! と。舞台での存在の強さに驚きました。タカラと翔太としてお芝居をすると、異様な空気を確かに感じて。面白いし、心配しなくていいんです。自分からなにかを発する、表現に自発性があるというか、とても頼れる存在でした。それで映像になってから俯瞰で観ると、お芝居をしているときとはまた全然違うんですけど。

■ときに過去の出演作を見直して反省

■ときに過去の出演作を見直して反省

Q 完成した映画を観た感想は?

いやあ……。主演なので、ちょっと判断しかねます(笑)。映画って役者で観るものと全体として観る映画と、どっちも存在すると思うんです。その境目は曖昧で、これは和歌山という土地が持つ意味合いも強いけど、役者というかそこにいる人間にフォーカスしている。するとそれは自分ということになるので、ううん……みたいな(笑)。自分の役にしても自分の身体でやっているので、数年経たないと……。自己判断はしますが、外に向けてこうとは言えないです。

Q 数年経って、出演作を見直すことも?

基本的にしたくないですが、トークショーとか、理由があったときに。勉強のために観ることもあります。たまに、自分を無意識に否定してしまうときがあるんです。スゴイ! と思うものやかっこいい人と出会うと、自分はなにをしてきたんだろう? と思って。でも、なにが悪かったか反省しようと過去の作品を見ると、意外とここは悪くなかったと気づいたりすることもあります。最悪だ! と思いながら観るので、意外とマシだったって思うんです(笑)。一度後ろ向きのモードに入るとすべてが曖昧で中途半端だったという考えに陥ってしまうこともありますが、そこを武器にもしています。そうしないと努力ができない人間なので。別に真面目じゃないですよ、負けず嫌いなだけです(笑)。

■小さなことが、とても大きい

■小さなことが、とても大きい

Q 新型コロナウイルスのために舞台公演の中止や外出自粛の期間がありましたよね?

長い時間をかけて座組みをつくってくださった方々を思うと本当に哀しい。それとは別に、とても個人的な話ですが、日本の芸能界ってすべてのペースが速くて。ひとつひとつの作品に対する準備や自分という人間を形成するための時間が、基本的に足りな過ぎると感じてしまう。だから、休符となる良い時間をいただいたという感覚も混在していました。

Q 自粛中はどんな風に過ごしていましたか?

最初のころは大志を抱いて「ゴダールをもう一回全部観るぞ」と思ったけど全然観てないし、「安部公房の戯曲を全部読む」「村上春樹も」と思ったけど一冊も読んでない。それで結局、海外ドラマを観て、ゲームをやったりして(笑)。いつ再開できるかわからない状況のなか、高いモチベーションを保ってなにかを成し遂げるのって難しい。期限がないとこんなにもやらないんだと思ったし、「勉強のために観よう」というのが辛くなってしまって。すると身近な欲望、自分が好きなものを観る! ってことしかできないんだと知りました。

Q そうした日々のなかで、新たな気づきも?

僕らは週5日決まった時間に働いている方より休み慣れているところがあって、最初の1か月は正直余裕でした。でもそれを超えると、社会に出るのは無理! みたいな心境になってきて。そういうときは新しいサングラスを買うとか髪を切るとか、小さな変化でモチベーションは上げられると知りました。「世界を平和にするぞ!」というような大げさなことではなく、大事なのは当たり前の一つひとつのこと。小さなことが、とても大きいと気づいたんです。

取材・文:浅見祥子 写真:高野広美

映画『ソワレ』は8月28日より全国公開

本文はここま>
でです このページの先頭へ