ここから本文です

『泣く子はいねぇが』仲野太賀 単独インタビュー

2020年11月16日 更新

『泣く子はいねぇが』仲野太賀 単独インタビュー

PFFアワード2014で映画ファン賞&観客賞を受賞した佐藤快磨が脚本・監督・編集を手掛けた商業デビュー作『泣く子はいねぇが』に仲野太賀が主演している。秋田・男鹿市の「ナマハゲ」を題材にした完全オリジナル作品で、企画として是枝裕和監督も参加。先日スペインのサンセバスチャン映画祭で最優秀撮影賞を受賞したことも話題を呼んだ。結婚し、娘をもうけたものの大人になりきれない主人公、たすくを演じた心境を語った。

■たくさんの想いがつまった脚本

■たくさんの想いがつまった脚本

Q 佐藤快磨監督とは『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』(2016)でも組まれています。

はい、小さな作品ではありましたが個人的にはとても好きな話で。個性的な演出がとにかく秀逸で、それが演じていてとても楽しかったんです。クランクアップした時に「つぎは何を撮るんですか?」と聞くと、「ナマハゲの話を撮りたい」と。数年後、まさか自分に声を掛けてくれるとは思わず、「えっいいの? あのときの話だ!」とすごく嬉しかったですね。

Q 主人公のたすくはアテ書きだとか?

有難いことだと思いました。送られてきた脚本が素晴らしくて。こんなラストシーンを演じてみたい! この人間味に溢れた役を演じたいと強く思いました。父親になる覚悟がないまま父になってしまった男の、滑稽さ、愛おしさが詰まった脚本に胸を打たれたんです。

Q 登場人物がそれぞれキャラが立っていますね?

どの役も人生が垣間見れる。少ないシーンであっても、それぞれにその人の人間味をにじませた生きたセリフばかり。まだ監督自身も若いのにどうしてこんな脚本が書けるのだろう? と思いました。義理の親子を演じた吉岡里帆さんと余貴美子さんも、1シーンだけで二人の関係性が見えましたよね。

■ “全面バックアップ”の撮影現場

■ “全面バックアップ”の撮影現場

Q 本物のナマハゲをご覧になりましたか?

2回ほど見学させてもらいましたが、大変勉強になりました。ナマハゲをになっているときとその前のオフの時間との緩急、切り替えが何だか生々しくて。実際に携わる方たちが撮影を全面的にサポートしてくださって。祭りへの愛情や伝統を守っていく気持ち、それからこの映画と監督への深い愛情を感じる素敵な現場でした。

Q そうしたサポートは、佐藤監督が秋田県出身だからこそだと?

それもあったと思います。企画を成立させるため、監督とスタッフさんが何年間も足繁く男鹿市に通ったそうです。いざ現場に入って困ったことがあるとなんでも助けてくれる、“全面バックアップ”ってこういうことを言うんだ! と改めて思う手厚く温かい現場でした。男鹿で過ごした日々は奇跡的だったなと思います。

Q ナマハゲって、どうやったら怖くなるんですか?

どうやったらなるんでしょう(笑)。指導の方もテクニックではなく、気合いと気持ちだと。ただ、ナマハゲは怖がらせるだけの行事ではないんです。小さい子どもに「悪いことしちゃダメだぞ」「ちゃんと勉強してんのか?」と聞き、「言うことを聞かないなら山に連れていくぞ」と子どもをさらおうとし、それをお父さんとお母さんが助ける。それで子どもは改めて、「お父さんとお母さんの言うことを聞かなきゃ」と強く印象づけられるわけで、親と子の絆を再認識できるんです。荒っぽさはありますが、伝統行事として何年も続いている理由がよくわかります。地元の方々は、ナマハゲに泣かされて親御さんに助けてもらった記憶がある。継承していってるんです。家族のつながりという横軸、町の伝統という縦軸がナマハゲによって見事に共存したこの映画のラストシーンが、とにかく必見です。

■寛 一 郎と大浴場に行くのがルーティンに

■寛 一 郎と大浴場に行くのがルーティンに

Q 柳葉敏郎さんとの共演の感想は?

小さい頃から知っている方で、共演させていただくのはこれが初めてではありませんが、感慨深いものがありました。しかも自分が主人公を演じ、柳葉さんの出身地である秋田でロケをする。なかなかない巡り合わせだなと。たすくは幼い頃に父親を亡くしているので、柳葉さんの演じる「なまはげ存続の会」会長の夏井さんは父親のような存在です。そうした絆が見えればいいなと思っていました。柳葉さんと僕の関係性は近いものがあるし、演じていただけて本当によかったです。

Q たすくの親友である志波を演じた寛 一 郎さんとは、どうコミュニケーションを?

寛 一 郎は自分の撮影がない日もずっと秋田に残ってくれて、僕と同じくらいの日数を秋田で過ごしていました。毎晩、ホテルの大浴場へ二人で行くのがルーティンになっていたんです。僕が撮影を終えて戻ってくるのを待っていてくれて。「帰ったよ~」「じゃあ一緒に風呂に行きましょう」と風呂だけ行って、「おやすみ」と別れる(笑)。そうして二人の関係性をつくる時間があったので、信頼してお芝居ができました。

Q 秋田でのロケはいかがでしたか?

最近は地方ロケが減ってきましたけど、一か月近くの撮影期間、映画に集中できる環境は恵まれているなと。映画撮影に没頭できる時間でした。しかも“全面バックアップ”ですから! 毎日の食事は本当に美味しく、撮影現場の昼食に刺身が出てきたのは初めてです。劇中に登場する「ババヘラ・アイス」も食べましたよ。シャーベットのようなシャリシャリ系でした。

■人間の曖昧さみたいなものを丁寧に表現

■人間の曖昧さみたいなものを丁寧に表現

Q 佐藤監督は、キャストやスタッフがアイデアを出しやすい空気を?

ディスカッションしやすく、風通しがよかったです。持ち物ひとつでも「このタオルの方があれより面白い」とそれぞれのこだわりがあって。僕の主観ですけど、みんなこの現場が楽しかったんじゃないかと思うんです。あんなにスタッフに愛される若手監督を見たことがありません。だって最後、オールアップしたときに胴上げされてましたから! 映画づくりっていいなと改めて思いました。

Q たすくが女の子に迫られるシーンで、突然立ち上がって掃除をしますが?

あれも監督の演出です。セリフの途中で立ち上がり、フローリングワイパーに寄りかかりながらセリフを言うはずが、かくん! となって。それが本編に使われてますが、思い出深いシーンです。そういう細かい演出とミラクルが相まって生まれたシーンがたくさんありました。海でたすくが志波に身振り手振りで伝えようとするシーン、その動きも監督が決めたものでした。「このときはこっちが右」などと細かいんですよ。監督はセオリーを嫌うというか正攻法を避けて少しズラす。人間の曖昧さみたいなものを丁寧に表現する、そんな演出が好きでした。

Q 完成した映画を観た感想は?

吉岡さんをはじめとする共演者の方々が本当に素晴らしくて。どのシーンも人間の切実さや、寛容さで溢れていたと思います。脚本を読んで現場に立っている時には想像してもなかった、芯の太さを完成作で感じることができました。正直、自信があります。僕にしか演じられない、たすくがそこに居たように思えて。そして、折坂悠太さんが書き下ろしてくれた楽曲が本当に素晴らしくて。エンドロールで、映画をもう一歩先に導いてくれました。なにより最初の試写のあと、監督の不安まじりのすがすがしい表情を見れたことが一番嬉しかったですね。
立て続けに主演映画が公開され、若手実力派としての足場を確かにした仲野太賀。この映画の撮影現場が本当に心地よかったようで、「全面バックアップ」という言葉を連発。「どんだけ言うんだ!?」と自らツッコミを入れるほど。作品についても饒舌に語り、主演俳優として確かな満足感を抱いたのが伝わった。

取材・文:浅見祥子 写真:高野広美

映画『泣く子はいねぇが』は11月20日より全国公開

本文はここま>
でです このページの先頭へ