ここから本文です
Yahoo!映画 メンテナンスのお知らせ
2017年6月29日(木)0時 ~ 24時の間、メンテナンスを実施します。 期間中は、「みた」「みたい」「レビュー」「まとめ」の投稿や編集、削除機能がご利用いただけません。
皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。

さざなみ (2015)

45 YEARS

監督
アンドリュー・ヘイ
  • みたいムービー 182
  • みたログ 499

3.45 / 評価:348件

言葉ではなく眼差し・佇まいで表現する

  • fg9***** さん
  • 2017年2月23日 14時06分
  • 閲覧数 860
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 イギリスのある町で仲睦まじく暮らす老夫婦のジェフ(トム・コートネイ)とケイト(シャーロット・ランプリング)。
 二人は結婚45周年の祝賀パーティーを今週末に開催する予定だったが、そんなある日、1通の手紙が届くのだった。
 で、その中身は、50年以上も前の出来事なのだが、山岳事故で亡くなったジェフの昔の恋人の遺体が、スイスの氷河のクレパスの奥深くに発見されたというものだった。
 ケイトは、自分以外に夫に彼女がいたなんてこれっぱかりも思わなかったが、夫の浮かれ具合は半端ではなく、スイスの当地への旅行さへ思い描いているようだった。
 で、ケイトは、ある質問をさり気なく夫へと投げ掛ける。
 すると、ジェフは「イエス……」と言っちゃったもんだから、ケイトの胸の裡に『さざなみ』が立ち、それは『うずしお』並みに膨らんで、ケイトの『45years(原題)』を根底から揺るがすのだった。
 そんな心の機微を、言葉ではなく眼差し・佇まいで表現するシャーロット・ランプリングの演技は鳥肌ものだ。
 結末で、ジェフが自らのスピーチに感極まって涙ぐむのだが、傍らに佇むケイトの表情がなんともビミョ~で、これまた、鳥肌がたってしまったことでもあった。
 エンディングのThe Moody Bluesの「Go Now!」も懐かしかったので、☆一つプラスしての満点だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ