ここから本文です

さよなら、僕らの夏 (2004)

MEAN CREEK

監督
ヤコブ・アーロン・エステス
  • みたいムービー 19
  • みたログ 152

3.76 / 評価:33件

解説

インディペンデント映画の名門、サンダンス映画祭やカンヌ映画祭で賞賛された珠玉の青春映画。少年たちが体験する“ある夏の出来事”を生き生きと描く。いじめられっ子役に『ダウン・イン・ザ・バレー』のローリン・カルキン、その兄役に『パトリオット』のトレヴァー・モーガン、いじめっ子役には『SPUN/スパン』のジョシュ・ペックと、今後の若手注目株が集結した。思春期の危うさと残酷さをリアルにとらえた秀作。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

オレゴン州の小さな町で暮らすサム(ローリン・カルキン)は、体格のいい同級生のジョージ(ジョシュ・ペック)の理不尽ないじめにあっていた。そんな弟を見かねた兄のロッキー(トレヴァー・モーガン)は友人のクライド(スコット・ミシュロウィック)と相談し、仕返しの計画を練る。彼らはボートで川下りに出かけ……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ