ここから本文です

アッカトーネ (1961)

ACCATTONE

監督
ピエル・パオロ・パゾリーニ
  • みたいムービー 6
  • みたログ 15

3.75 / 評価:4件

白い照り返しの道は、男が曝した骨のよう

  • iwa***** さん
  • 2009年4月29日 19時50分
  • 閲覧数 293
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1965年11月下旬京橋のフィルム・ライブラリーで初見。字幕もなく、映写技師の不手際で巻数の逆転があったりしたが、“ヒモ”が生活を変えようとしたら・・・というようなストーリーは付け足しで、なにものにも満足にできない青年の焦燥と、なにかできるのではと思ってしまったときの行動が、どうしてもチグハグになってしまう感覚が描写されていた。
フェリーニの「青春群像」等に見られた自分の人生経験にあった“焦燥”感覚を身近に表現しようとしたある種の無作為と同質のものが感じられた。
しかし「奇跡の丘」「アポロンの地獄」「テオレマ」以降のドラマツルギーの中では、作品の均衡が優先され、失われてしまう。矢張り青春の時代にしか無いものか。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ