ここから本文です

アメリ (2001)

LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN/AMELIE/AMELIE FROM MONTMARTRE

監督
ジャン=ピエール・ジュネ
  • みたいムービー 750
  • みたログ 8,786

3.79 / 評価:1,837件

解説

 小さい頃から空想の世界が一番の遊び場だったアメリ。22歳になった今でも、モンマルトルのカフェで働き、周りの人々を観察しては想像力を膨らませて楽しんでいた。そして、あることをきっかけに、他の人を幸せにすることに喜びを見出したアメリ。他人の人生にこっそりおジャマしてはたのしい悪戯を仕掛け、人知れずお節介を焼いて回るのだった。そんなアメリも自分の幸せにはまったく無頓着。ある日、不思議な青年ニノに出会ったアメリはたちまち恋に落ちてしまうのだったが、アメリは自分の気持ちを素直にうち明けることが出来ない……。

allcinema ONLINE (外部リンク)

映画レポート

「アメリ」─「自分はちょっと変わってる」って誰もが思う時代にピッタリ

観た人誰もが幸せになる。ジュネがそんな映画を撮ったと言われても信じがたいが、まさに百聞は一見にしかず。デジタルでコントロールした濃厚な色彩に毒気を残しつつ、ノスタルジックな暖かさも漂わせる世界は、ジュネ印のおとぎ話ワールドだ。

しかし、そんなビジュアルだけでは、フツーの人は幸福になれない。ジュネ&キャロに興味のなかった女の子も今回はときめくのは、オドレイ・トトゥのルックスもとってもキュートなラブストーリーだから。ラブストーリーのヒロインに自分を重ねられるかどうかは、女の子には大問題。なるほど、自分の臆病な人生を棚に上げて、他人様を幸せにするイタズラをしかけていくアメリには、「何様のつもり?」な憤りも沸く。でも、このイライラがあるからこそ、自分の幸福(=恋)に向かって立ち上がるアメリの超ささやかな挑戦に、ひときわ胸も熱くなる。

そして、この甘い物語と、フツーの人もオタク気分に酔える適度な毒気を漂わせる色彩が、絶妙のマッチング。時代がジュネに追いついたっていうか、このテイストは、誰もが自分はちょっと変わっていると思っている時代にはまっている。エミリー・ワトソンを使うつもりだったジュネは、まだ乙女心はわかってないみたいだけどね。(杉谷伸子)

11月17日より、シネマライズにてロードショー

[eiga.com/11月15日]

映画.com(外部リンク)

2001年11月15日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ