ここから本文です

イン・アメリカ/三つの小さな願いごと (2002)

IN AMERICA

監督
ジム・シェリダン
  • みたいムービー 79
  • みたログ 770

3.76 / 評価:101件

解説

 かつて幼い息子を失った悲しみを引きずる若い夫婦ジョニーとサラは、2人の娘を連れアイルランドから夢を抱いてニューヨークへと渡る。一家はボロボロのアパートで新生活をスタートさせるが、そこには厳しい現実が待っていた。俳優を目指すジョニーは、なかなかチャンスに恵まれず、タクシー運転手の仕事に就く。サラもウェイトレスをして僅かなお金を稼ぎ何とかやりくりする日々。それでも2人の娘は新天地で楽しみを見出していく。やがて姉妹は同じアパートに住む画家マテオと仲良くなる。そして、この出会いが一家に大きな変化をもたらすのだった…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

映画レポート

(C)2003 TWENTIETH CENTURY FOX
(C)2003 TWENTIETH CENTURY FOX

「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」─この映画には美しい「天使」がひそんでいる

「マイ・レフトフット」のジム・シェリダン監督の半自伝的作品。希望を胸にアイルランドからマンハッタン・ハーレムのボロアパートに移り住んだアイルランド人一家――売れない役者の父、元教師でウェイトレスをして働く母、幼い2人の娘たち――の過酷な人生を10歳の少女の目を通して描く感動のドラマ。

80年代初頭という時代背景を見事に使い、「E.T.」を脚本のプロットに巧みに引用しているのが絶妙だ(E.T.の物語がラストで効いてくる)。そしてマジック・リアリズムともいうべき「奇跡」が起こる! ハロウィーンで木の精や天使となった姉妹は、「トリック・オア・トリート」と叫んでボロアパートの住人たちからお菓子をもらおうとする。そこで出会う、生に真正面から向き合う黒人画家が、心にトラウマを背負った彼ら家族の運命をかすかな希望へ導く。また姉妹の手にかかると、アイスクリーム店のサンデーまでもが美味そうに見える。実際はアイルランドで撮られたらしいが、街並や背景が本物のハーレムにしか見えない。まさにマジカルな寓話だ。

この映画には映画史上もっとも美しい「天使」がひそんでいる。その可憐な天使たちの微笑みを見ているだけで、幸せな気分になる。(佐藤睦雄)

12月13日より、シャンテ・シネほかにてロードショー

[eiga.com/12月10日]

映画.com(外部リンク)

2003年12月10日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ