ここから本文です
Myムービーの旧データのダウンロード機能提供終了のお知らせ
2017年6月1日をもってMyムービーの旧データ(2014年7月以前)のダウンロードを停止させていただく予定です。 詳しくはこちらをご確認ください。

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション (2014)

THE EXPENDABLES 3

監督
パトリック・ヒューズ
  • みたいムービー 209
  • みたログ 1,498

3.68 / 評価:985件

解説

シルヴェスター・スタローンら、スター軍団が結集したアクションシリーズ第3弾。傭兵(ようへい)部隊エクスペンダブルズが、同部隊の創設者の一人でありながら悪人となった男を相手に壮絶な戦いを繰り広げていく。監督は『レッド・ヒル』で注目を浴びたパトリック・ヒューズ。ジェイソン・ステイサム、ドルフ・ラングレン、ジェット・リーといった前2作のメンバーに、ハリソン・フォード、メル・ギブソンの名優も加わる。肉弾戦に銃撃戦、列車暴走、ビル崩壊と今回も迫力の見せ場が満載。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

傭兵(ようへい)軍団エクスペンダブルズを率いるバーニー(シルヴェスター・スタローン)のもとにCIAのドラマー(ハリソン・フォード)が現れ、あるミッションを下す。それは、エクスペンダブルズを結成した仲間だったものの悪の道を進んだストーンバンクス(メル・ギブソン)の身柄確保だった。ニューヨーク、モスクワ、ブカレスト、メキシコ、アフリカで激しい追撃と攻防を展開するが、バーニーの戦術を知るストーンバンクスに苦戦を強いられる。仲間の身を案じ、バーニーはエクスペンダブルズの解散と新チーム結成を考えるが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)EX3 Productions, Inc. All Rights Reserved.
(C)EX3 Productions, Inc. All Rights Reserved.

「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」遂に世代交代!? タフガイたちが解散の危機に全力で抗う荒唐無稽アクション

 80年代のアクション映画にどっぷり浴してきたファンにとって、このシリーズはまさにオールスター感謝祭だ。とりわけ囚人移送列車の襲撃シーンとともに幕を開ける本作は、新たにウェズリー・スナイプス、メル・ギブソン、アントニオ・バンデラス、ハリソン・フォードといった豪華な面々を惜しげもなく投入。シリーズが貪欲に伝説を更新し続けようとする姿勢を力強く印象づけてやまない。

 加えて物語も一筋縄ではいかない。今回の「消耗品」軍団は任務遂行中に宿敵ストーンバンクス(ギブソン)の返り討ちに遭い、あえなくメンバーのひとりが瀕死の重傷を負う。責任を感じたバーニー(シルベスター・スタローン)は、もう若くない仲間たちが無惨に殺される姿は見たくないとチームの解散を宣言。代わりに腕の立つ若手のリクルートに着手しはじめるのだが……。

 つまるところ、彼らの前に立ちはだかった最大の壁は「老い」そして「世代交代」。78年生まれの新鋭パトリック・ヒューズ監督は、荒削りなアクションシーンを通じて、親子ほど歳の離れた新旧メンバー12人を豪快に突き動かし、そのキャラひとつひとつに強烈な個性を刻み込んでみせる。

 一方、本作に出演するレジェンドから若手までアクション俳優そのものが、ある意味、生き馬の目を抜くハリウッドにおける「消耗品」という見方も成り立つだろう。本作の深読みの面白さは物語と現実をオーバーラップさせることで、二種類の「消耗品」の生き様を存分に味わえるところにもある。

 やがて勢いはクライマックスに向けて果てしなく加速する。行き着く先に待ち受けるのは、老いも若きもチーム全員が死力を尽くす総力戦だ。

 軍用ヘリや戦車まで持ち出しおびただしい数の敵が迫りくる中、崩壊寸前のビルの中で各々がアドレナリン大噴出の銃撃戦へと身を投じていくこのノリ。この荒唐無稽さ。この火薬の量。これぞレジェンドたちが80年代に築き上げたアクション言語ではなかったか。何かと小難しさが先立つ映画の多い中、久しぶりにその懐かしい言語に触れられた気がした。(牛津厚信)

映画.com(外部リンク)

2014年10月30日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ