ここから本文です

ギリギリの女たち (2011)

監督
小林政広
  • みたいムービー 13
  • みたログ 32

2.50 / 評価:16件

解説

『バッシング』『ワカラナイ』などで世界的に評価されている小林政広監督が、東日本大震災に触発されて撮り上げた人間ドラマ。長い間離れ離れで暮らしてきた3姉妹が、まだ震災の爪跡が残る自宅に偶然集い、互いにののしり合い、傷つけ合いながらも前を向いてさっそうと生きる様子を映し出す。長女を、小林監督の『愛の予感』に出演した渡辺真起子、次女を『クヒオ大佐』の中村優子、三女を『代行のススメ』の藤真美穂が熱演。たくましくも切ない彼女たちの魂の叫びが胸に突き刺さる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

甚大な被害をもたらした東日本大震災後の2011年夏、長年ニューヨークでダンサーをしていた長女高子(渡辺真起子)が、気仙沼市唐桑町の自宅にふらりと舞い戻る。そこで彼女は東京で幸せに暮らしているはずの次女伸子(中村優子)と、15年ぶりの再会を果たす。やがて姉たちに置いて行かれ、たった一人で家の番をしてきた三女の里美(藤真美穂)も姿を現わし……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ