ここから本文です

ゲキ×シネ「シレンとラギ」 (2013)

  • みたいムービー 108
  • みたログ 129

4.04 / 評価:83件

解説

劇団☆新感線が藤原竜也と永作博美を迎え、2012年に公演したいのうえ歌舞伎シリーズの舞台を映像化。北の王国と南の王国が争いを繰り広げる中、女暗殺者と若武者の愛と運命をドラマチックに活写する。高橋克実や三宅弘城、劇団員の古田新太や橋本じゅんら舞台や映画で活躍する実力派俳優が競演。壮大なストーリーや殺陣を取り入れたダイナミックなアクション、随所にちりばめられたギャグなどいのうえ歌舞伎らしい世界観と共に、役者たちの動きや表情を間近で堪能することができる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

舞台は、北の王国“幕府”と南の王国“教団”が対立する土地。北の女、シレン(永作博美)は、20年前に“愛の毒”によって南の王をあやめた伝説の暗殺者。そんなシレンの冷たいまなざしに、守護頭のラギ(藤原竜也)は魅了される。そんなある日、以前シレンが殺害したはずの南の王ゴダイ(高橋克実)が復活。再びシレンにゴダイ暗殺の命が下り、シレンはラギを連れて南へ向かう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ