ここから本文です

コロニア (2015)

COLONIA

監督
フロリアン・ガレンベルガー
  • みたいムービー 113
  • みたログ 434

3.54 / 評価:325件

この作品に出演した彼女に感動した。

  • illbeback1229 さん
  • 2016年9月18日 8時50分
  • 閲覧数 1869
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

 1973年にチリで実際に起きた軍事クーデターに存在した表向きは慈善団体だが、実際は元ナチスで少年の性的虐待者が指揮するカルト教団を基に、そのカルト教団に捕らわれた恋人を救うためにエマ・ワトソンが演じるキャビンアテンダントのレナがそこに潜入し恋人を助け脱出するというストーリー。
 主演の二人が演じているのは実在している訳ではなく、且つ脱出するまでの過程も創作ではあるけど、施設の中で行われている事は本当らしい。
 その中にはナチス軍が使用していた拷問器具もあり、問題を起こした女性達は何かしらの理由をつけて男達に袋叩きにされる様子や、施設の外には罠がたくさん仕掛けられているところもこの作品で見せてくれる。
 でも、低予算で作られたインディペンデント作品だけに随所にチープさが見られ迫力に乏しいところはあるが、この時代を生きた人達やその時に生まれていない人達にも過去に現実に起きた悲惨な出来事をしらせるには十分だろう。
 しかし、最初の15分位は久しぶりに再会した恋人達のラブコメっぽいし、レナが恋人が捕らわれた時に何の躊躇も恐怖も見せずに施設に潜入する様は本当に只のキャビンアテンダントなのか?実はCIAじゃないのかと疑いたくなる位肝が据わりまくってるので少々違和感があったし、ラストもそれほど緊迫感はないしとマイナス材料もあるけど、観て損する作品とは自分は思わないので興味がある人は行くべきだろう。
 そして自分は作品以上に感動したのが主演のエマ・ワトソンで、彼女は今は黙ってても色々な大作のオファーが来るほどの女優なのに、このようなドイツのインディペンデント映画に出演してくれるなんて素晴らしいと思った。
 彼女は脚本を読んで自分からこの作品の出演を熱望したという事らしいが、大金欲しさに出演するのではなく、ギャラが低くても自分が本当にやりたい作品に出演するという心意気に、これこそ本物の女優だと感心してしまった。
 その心意気に自分は作品自体の評価は星3つだけどもう一つ追加したい。
 また、これは余談だけど、自分はこの作品を横浜ニューテアトルという映画館で鑑賞した。恐らくこの作品の時代背景である1973年には既に存在している老舗の映画館だ。
 シネコンが増えているこの時代に頑張っている映画館なので、この作品をこれから観ようと思っている人はシネコンでは絶対に味わえない昭和の匂いが漂うこの劇場で観て欲しい。
 自分は只のいち観客だけどこういった映画館こそ頑張って欲しいとこの映画館に行くと不思議とそう感じてしまう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ