ここから本文です

サバイバルファミリー (2017)

監督
矢口史靖
  • みたいムービー 502
  • みたログ 4,275

3.79 / 評価:3,532件

面白くもないし感動的でもないし何もない

  • サンゴ さん
  • 2019年5月1日 14時42分
  • 閲覧数 1391
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

突然電力が使えなくなるのは、2012~2014年に放送されたアメリカのドラマ「レボリューション」と同じ。
「レボリューション」はこれと違って非常に深刻なドラマで、電力が使えなくなった後のアメリカが、西部劇時代風の世界になってて、そこで起こる争いや戦いをシリアスに描いていた。
この映画は、電力が使えなくなるという設定だけをもらってきて、ゆるいコメディに仕立てあげたって感じ。

変なところだらけで言い出したらキリがないんだけど。
そもそも、圧倒的に人が少ないのが謎すぎる。
日本の人口2000万人ぐらいしかいないんじゃないかと思うぐらい、出会う人が少ない。
で、信じられないほど治安がいい。
こんなこというのもなんだけど、震災の時にはいろんな犯罪が多発したっていうのに、生きていけるかどうかもわからない状況で、こんなに治安がいいっておかしすぎる。
誰も力づくで食料を奪ったり、レイプしようとしたりしない。
だから集団で身を護る必要もなく、集団で小さい町を作ってる人たちもいない。
ぶっちゃけ、通常の日本のほうがよっぽど危険なぐらい。
みんなのんきなもん。

でもまあ、別にリアリティがないのはいいですよ、コメディなんて面白ければ。
でも全然面白くない。
ほんわか笑える家族ならいいけど、父親はずっとイライラしてるし頭が固くて融通がきかないし、家族も特に笑えることを言うわけでもない。

途中で助けてくれた養豚業のおじいさんはいい人だったし、最後にたどりついた奥さんの実家の人たちもいい人すぎるぐらいいい人たちだったけど、特に感動するわけでもない。

笑いもなければ涙もない。
何にもないのに、なんでこんなに評価点が高いのか、私にはさっぱりわからない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ