ここから本文です

シンデレラ (2015)

CINDERELLA

監督
ケネス・ブラナー
  • みたいムービー 592
  • みたログ 4,026

3.94 / 評価:4,562件

ほぼ絵本どおりで大満足。あの鹿はバンビ?

  • 大竹ママ さん
  • 2015年6月6日 18時23分
  • 閲覧数 864
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

シンデレラの映画は、観るのに娘を誘いましたが「もう知ってる話だから、観ても面白くない」との事で、お一人様で仕事の休暇日に観てきました。

ディズニー映画は以前『アナと雪の女王』を観た事があります。
私は王子様とヒロインのハッピーエンド物語を観たかったので、姉妹愛を描いた『アナと雪の女王』は、面白かったのですが、少々消化不良ぎみでした。

今回のシンデレラの実写版は、始まる前のショートムービーが『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』でした。
アナの誕生日のお祝いをエルサがいろいろ計画し実行するお話でした。
ほのかに期待していたラブストーリーは出てこなかったです。

そして本編のシンデレラ・・・
あこがれの王子様と、辛い目に遭っても頑張っているヒロインのハッピーエンドという王道の恋物語、しっかり観ることができ満足しました。
私は「これぞ白馬の王子様!」という王子様がちゃんと出てくるお話をずっと観たかったので、大満足でした。(実際は王子は黒っぽい馬での登場でしたが・・・)

アニメの実写映画化というと、アレンジがありすぎて、素直に楽しめずガッカリする事もあったのですが、
このシンデレラは大きな改変はなく、本当に私が観たかった映像・お話でした。

二人の出会いのシーンが、ちょっとしたアレンジではありますが、後は、ほぼ絵本と同内容です。
期待を裏切らない映像美となっています。

かぼちゃが馬車になるところや、母の形見のピンクのドレスが舞踏会用のブルーのドレスに変化していくところ、舞踏会の様子も豪華絢爛で美しいです。
ガラスの靴もみごとなくらい綺麗です。
ストーリーはわかっているので、シンデレラが辛そうにしていても最後まで、安心して観ることができました。

日本語吹き替えの声優は、高畑充希さん・城田優さんでしたが、TV番組を見て知っていたのに、すっかり忘れていました。
屋根裏部屋から聞こえるシンデレラ(高畑充希さん)の声は美しかったですし、城田優さんの王子の声も違和感なく良かったです。

継母がシンデレラに嫉妬する理由も、映画を観てはっきりわかりました。
夫が前妻との間に生まれたシンデレラに深い愛情を注いでいるのを目撃して、激しく嫉妬していたのです。

映画を観て気になった点は、舞踏会でのシンデレラの髪型です。絵本ではアップでしたので、ちょっと違和感を感じました。
そして、アレンジ部分に登場するシンデレラが鹿を助けるシーンです。
何故、わざわざ入れたのでしょうか?
あれは、小鹿のバンビが森の王の地位を継ぐ前の姿だったのでしょうか?・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • ゴージャス
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 切ない
  • 勇敢
  • 悲しい
  • 楽しい
  • 泣ける
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ