ここから本文です
Yahoo!映画 メンテナンスのお知らせ
2017年6月29日(木)0時 ~ 24時の間、メンテナンスを実施します。 期間中は、「みた」「みたい」「レビュー」「まとめ」の投稿や編集、削除機能がご利用いただけません。
皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。

ズートピア (2016)

ZOOTOPIA/ZOOTROPOLIS

監督
バイロン・ハワード
リッチ・ムーア
  • みたいムービー 2,326
  • みたログ 1.1万

4.30 / 評価:7,982件

深いなー。何度もみたくなる見事な作品

  • pha***** さん
  • 2017年3月20日 4時11分
  • 閲覧数 1069
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんでこんな映画が作れるんだろうな?
子供向けアニメのようで、一緒にいった大人のほうが楽しんで、そして深く考えさせられるほど現代社会を投影した内容。それでいて文句なく楽しいんだから参ったとしかいうことはない。

ズートピアに唯一でてこないのが人間だ。動物たちはそれぞれのイメージでたくさん登場する。でも擬人化なんだな。女性差別やパワハラ、肉食獣と草食獣などの差別や偏見を描くが、それが解決してメデタシという話ではなく、人間の観客に対してあなたたちだって少なからず偏見や差別をもっていませんか?と突き付けてくるのだ。勿論、メデタシの話だけで「あー面白かった」ってだけでもいいのでしょうが。子供は単純にキャラやズートピアの世界観と友情と正義の物語で楽しさに大満足。大人は楽しむだけではなく、その深さにノックアウト。

草食のうさぎと肉食の狐のタッグが爽快に活躍する。このセレクトも興味深い。うさぎはイメージからして臆病な草食動物。でも元気よくぴょんぴょん走る。これが女性警察官ジュディ。真っ直ぐな女の子で可愛い。狐のほうは、やはりイメージは狡猾で抜け目ない肉食動物というところだが詐欺師という設定。この狐のニックのキャラ設定が影もありぶっきらぼうだが、時に見せるジュディへの優しさや責任感がカッコいいのだ。

色々でてくる動物が、「ああこんな人間いるよな」とか「いそう」と思わせるのがうまい。動物にもヌーディストがいたり、なんといっても役所のナマケモノは最高のキャラだ。あのゆったりスピードは映画史に残る。役所ってのが皮肉だ。ラストが最高のオチになってる。

ちょっと簡単には語り尽くせない映画だな。含みが凄すぎる。何度もみて、これはあれなんじゃなかいかとか色々発見できるでしょう。また観たくなるし、単純にあのコンビでの続編も期待しちゃう。

字幕と吹き替え両方見たけどジュディが上戸彩さんで可愛らしく感じたので吹き替えのが好み。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • かわいい
  • 楽しい
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ