ここから本文です
Myムービーの旧データのダウンロード機能提供終了のお知らせ
2017年6月1日をもってMyムービーの旧データ(2014年7月以前)のダウンロードを停止させていただく予定です。 詳しくはこちらをご確認ください。

トム・アット・ザ・ファーム (2013)

TOM A LA FERME/TOM AT THE FARM

監督
グザヴィエ・ドラン
  • みたいムービー 86
  • みたログ 315

3.49 / 評価:203件

解説

『わたしはロランス』などのカナダ出身の監督グザヴィエ・ドランが、亡くなった同性愛の恋人の家族との奇妙な関係をバイオレンスを交えて描くサスペンス。恋人の葬儀に出席するために田舎へ向かった主人公が、恋人の兄で暴力的な男と過ごすうちに心に変化が生じていくさまを映し出す。主人公の青年をドラン自身が演じ、脚本と編集、衣装も担当。激しい愛と暴力、独特で繊細な人間関係など、若くして国際映画祭を席巻するドランの演出手腕に注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

恋人のギョームがこの世を去り、葬儀に参列するために、彼の田舎に足を運んだトム(グザヴィエ・ドラン)。しかし、ギョームの母はトムのことを知らず、一方ギョームの兄フランシス(ピエール=イヴ・カルディナル)はトムとギョームの関係を他言しないようにと強く言い聞かされる。フランシスに脅されるうちに、トムはフランシスに死んだ恋人の姿を重ね合わせるようになり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2013 ?8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinema (C)Clara Palardy
(C)2013 ?8290849 Canada INC. (une filiale de MIFILIFIMS Inc.) MK2 FILMS / ARTE France Cinema (C)Clara Palardy

「トム・アット・ザ・ファーム」「私とは誰か?」という問いへの答えを求め、自分の幽霊を追って

 グザビエ・ドラン監督にとって今回初めて他人の戯曲を基に映画化した作品であるが、彼の世界観はその物語性のユニークさはさることながら、その描き方や映像の肌質にこそ宿るといえる。だからたとえ他人の戯曲であろうとドランの世界観が芳香を放っていれば、気になるところではない。

 トムが、交通事故で死んだ元同僚で同性の恋人ギョームの葬儀に出席するため、ケベックの田舎町にやってくるところから物語は幕を開ける。そこではギョームの母親アガットと兄のフランシスが農場を営んでいた。ギョームはゲイであることを母親に隠し、サラという別のガールフレンドがいるという嘘をついていたため、フランシスは口裏を合わせるようトムに強制する。さらに、母親を傷つけたくないという理由で、フランシスは次第にトムに対し暴力性を露にし、エスカレートさせていく。逃げる機会があっても逃げることができず、トムの精神構造の歯車は次第に狂っていく……。

 三島由紀夫の「サド侯爵婦人」やフランソワ・オゾンによって映画化された「8人の女たち」と同様、中心不在のまま物語は進んでいく。

 アンドレ・ブルトンの私小説「ナジャ」のなかに「Qui suis-je? (私とは誰か?)」という台詞が出てくる。これは同時に「私は誰を追っているのか?」という意味。それは恋人との関係のなかに、既に「私は誰か?」という自己同一性の問題が含まれていて、自分自身を問うことは他人を追うことであり、「他人の私」を追うことでもある。人とつき合う=haunterは、幽霊などがつきまとう、取り憑くという意味。つまり私がつきまとっている「他人の私」は、現実のなかでは分裂した私の幽霊ともいえる。

 まさにトムは取り憑いた自分自身の幽霊を探すために、この農場にやってくる。これは恋愛の本質、愛の亡霊そのものを現出させた怪作である。(ヴィヴィアン佐藤)

映画.com(外部リンク)

2014年10月23日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ