ここから本文です
【お知らせ】2019年5月23日(木)14~17時の間、メンテナンスのため一部機能(レビュー投稿・みたログ・みたいムービー・まとめ・お気に入り映画館・Myムービー)がご使用いただけません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

ナイトクローラー (2014)

NIGHTCRAWLER

監督
ダン・ギルロイ
  • みたいムービー 1,435
  • みたログ 3,421

3.84 / 評価:2,377件

解説

第87回アカデミー賞脚本賞にノミネートされたサスペンス。事件や事故現場に急行して捉えた映像をテレビ局に売る報道パパラッチとなった男が、刺激的な映像を求めるあまりに常軌を逸していく。脚本家として『ボーン・レガシー』などを手掛けてきたダン・ギルロイが、本作で監督に初挑戦。『ブロークバック・マウンテン』などのジェイク・ギレンホールを筆頭に、『マイティ・ソー』シリーズなどのレネ・ルッソ、『2ガンズ』などのビル・パクストンらが出演。報道の自由のもとで揺らぐ倫理という重いテーマが、観る者の胸をざわつかせる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

人脈も学歴もないために、仕事にありつけないルイス(ジェイク・ギレンホール)。たまたま事故現場に出くわした彼は、そこで衝撃的な映像を撮ってはマスコミに売るナイトクローラーと呼ばれるパパラッチの姿を目にする。ルイスもビデオカメラを手に入れ、警察無線を傍受しては、事件現場、事故現場に駆け付ける。その後、過激さを誇る彼の映像は、高値でテレビ局に買い取られるように。やがて局の要望はエスカレートし、それに応えようとルイスもとんでもない行動を取る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「ナイトクローラー」大都会を徘徊するハイエナ男、その生態を冷徹に捉え続ける問題作

 最近はスマホが普及したせいか、ニュース番組では災害や事故の現場の様子をいち早くカメラに収めた“視聴者提供”の動画がしょっちゅう流される。マスコミが現場に行き着く早さには限界があるというわけだ。ところがアメリカには事件や事故の発生を用意周到に待ち構え、ライバルと競い合うようにして衝撃動画の撮影を行うカメラマン=報道パパラッチなる職業が存在するらしい。そんな目のつけどころからして好奇心をかき立てるサスペンス映画である。

 腹を空かせて獲物を漁るハイエナをイメージしたというジェイク・ギレンホールが、異様に痩せこけて目をギラつかせた風貌で登場。報道パパラッチ界に新規参入した主人公ルー・ブルームを、近作「複製された男」の鬱状態とは対照的な超ハイテンション演技で体現する。もはやハイエナどころか血に飢えたヴァンパイアではないかと思わせる不気味な外見に加え、ほとんどサイコパスなこの男は言動も極めて奇怪だ。何のコネもないテレビ業界に猛烈な自己アピールで売り込みをかけたかと思えば、ブラックバイトとはつゆ知らず求人に応募してきた貧しい若者をインターンとしてコキ使いまくる。さらには衝撃動画のギャラで警察無線を傍受する機械、トヨタ製ダッジ・チャレンジャーを購入するなど設備投資も積極果敢。大都会の闇を徘徊するハイエナ男の生態を、まるでベンチャービジネスの急成長ストーリーのように撮り上げたところにも本作のユニークな着眼点がある。

 しかもロサンゼルスの夜景をクールに切り取った撮影監督ロバート・エルスウィットの映像がすばらしい。事件、事故を題材にしながらも、手ぶれの激しいP.O.V.で臨場感を打ち出す安易な手法をとらず、危うい倫理的なラインを踏み越えてぐんぐん過激化していく一匹の獣を冷徹な眼差しで観察していく。街灯に“濡れた”妖しい光を放ち、闇夜を疾走する真紅の車の艶めかしさ! そしてクライマックスが訪れたとき、観る者はすでに起こった事故ではなく、決定的な惨劇が勃発する瞬間をまざまざとリアルタイムで目撃する。物議を醸すであろう常識破りのエンディングも含め、これぞ必見の問題作。新人監督ダン・ギルロイの並外れた手腕に脱帽である。(高橋諭治)

映画.com(外部リンク)

2015年8月13日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ