ここから本文です

上映中

パッドマン 5億人の女性を救った男 (2018)

PADMAN

監督
R・バールキ
  • みたいムービー 268
  • みたログ 241

4.52 / 評価:202件

脚色がとてもいい本年ベスト級インド映画

実話ということで、かなり脚色されていると思います。
この脚色がとてもいい、と感じました。嫌味がなく、笑いも提供してくれます。

話の内容は、女性のデリケートなことに関することなので、男の私としては、あまり詳しく解説してしまうと、主人公と同じようにヘンタイ扱いされそうです。

インドに生理用ナプキンがなかったわけではありません。
ただ、とても高価だったのです。輸入品だからでしょう。

妻が汚い布をナプキン代わりに使っているのを見た夫は憤慨し、見よう見まねで、ナプキンづくりに暴走!
彼の前に立ちはだかるのは、古い慣習と”女性”そのものです。

男が女性のあまり触れて欲しくない領域に立ち入るので、周りからは、ほとんどヘンタイ扱いです。
それでも少しずつ理解者を増やしていき、やがて、、、というストーリーです。

私は男なのでどんなナプキンがいいのかわかりませんが、とりあえず吸水性が一番大事ということがよくわかりました。
まあ、何の役にも立たない知識ですが。。。

奥さんにこんな映画観てきたとは、とても報告できませんが、男女共に楽しめる映画です。
こんな映画なのに下ネタもありません。

切ない恋愛模様もあって、笑いもあり、とても清々しい映画です。
このいかにも映画化に向かないテーマを見事にエンターテインメントにしてしまったインド映画、やはり侮れない。

尚、恐らく日本公開版は短縮版かと思われます。この位の長さが丁度いいです。
あと、出てくる若い女性は美女、美女、美女です。

とてもいい映画でした。生理用ナプキンの話と、ドン引きせず、是非観てください。お勧めです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ