ここから本文です

パンズ・ラビリンス (2006)

EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH

監督
ギレルモ・デル・トロ
  • みたいムービー 1,142
  • みたログ 4,671

3.85 / 評価:2,161件

12年間この映画の解釈を間違えてました。

  • パルしん さん
  • 2018年8月20日 19時07分
  • 閲覧数 1853
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

12年前に初めてこの映画を観た時は、もう1つの世界はオフェリアの妄想の世界だと思っていました。
そして、今回久しぶりに観直してみたら、パンもその世界も実在して、最後の3つの試練を乗り越えて女の子は自分の王国に帰れたというハッピーエンドだったんだなと分かりました。
分かった場所は閉じ込められた部屋からチョークで抜け出して、大佐の部屋の弟を連れ出すシーンです。
確かにオフェリアのいた部屋には鍵がかけられていた。
助けに来たゲリラの姉が鍵を開けて入ってきているからです。
開けた扉に鍵がちゃんと刺さっていたので鍵がかけてあったのが分かりました。

この映画はハッピーエンドです。

そして、後で調べたら監督のインタビューにも【パンは実在して王国はある】と言っていたのを知りました。

でも、私的にオフェリアは自分を守るために妄想の世界を作り出していた…というほうが感動しました。

ハッピーエンドなのは少し残念な気もしましたが、それが真実ならば仕方ありません。

が、やっぱり好きですこの映画。
こんなに残酷なシーンが多かったのは忘れていました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ