ここから本文です

上映中

ヘレディタリー/継承 (2018)

HEREDITARY

監督
アリ・アスター
  • みたいムービー 195
  • みたログ 414

3.24 / 評価:347件

未見の人は見ないでね

  • hay***** さん
  • 2018年12月7日 15時19分
  • 閲覧数 1145
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

いやー結構怖かったというか久々に王道のオカルト映画を観れました。
エクソシストやオーメンなんかが好きな悪魔に憑りつかれた人間のような感じです。
今回はおばあさんのエリーがキーポイント。後は家族がそう仕向けられていたのだろうということです。
おばあさんの悪魔崇拝があってそこからはその悪魔の支配からは逃れられないみたいな感じです。
まずは妹のチャーリーはナッツアレルギーなのにお兄ちゃんのピーターはエピペンを持たずにパーティーに連れて行き呼吸困難にさせてしまう。なぜか母親が無理やり連れて行かせたのだがその後柱にぶつかり事故に。その柱には何かの文字があった。
そして体はベッドに、頭は道に置き去りにされたままだった。
母親がドールハウスでチャーリーの事故現場の再現をしたのは息子への嫌がらせなのか悪趣味すぎた。
霊媒師の女性は祖母のエリーの仲間なのでつかず離れず母親のアニーを誘導していく。知らぬ間にカルトの道に誘っていくというのが恐ろしい。
父親は妻にこのスケッチノートを燃やしてほしいと言われて協力したら自らが燃えてしまった。ピーターは学校で何かに操られ顔面を机に打ち付けた。
ピーターは狂人のような母親に追い詰められて窓から落ちてしまい動かない。
しかし霊体が入りそこからカルトの部屋みたいな所でペイモンという悪魔として蘇る。最後はファンファーレが鳴り響きそのまま美しいメロディーとともに終わる。
悪魔崇拝、アレイスタークロウリーや秘密結社のことを少し知ってる人はこれがまったくの作り話ではないと感じるから怖いんですよね。
母親役の人の動きがエクソシストを思い出させる。なかなかのものでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ