ここから本文です
【お知らせ・日時変更】2019年5月27日(月)14~17時の間、メンテナンスのため一部機能(レビュー投稿・みたログ・みたいムービー・まとめ・お気に入り映画館・Myムービー)がご使用いただけません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

ペンギン・ハイウェイ (2018)

PENGUIN HIGHWAY

監督
石田祐康
  • みたいムービー 461
  • みたログ 2,055

3.90 / 評価:1,828件

解説

「夜は短し歩けよ乙女」などで知られる作家・森見登美彦の小説を映画化したアニメーション。小学生の少年が、海のない街に突如現れたペンギンの謎を解こうと奮闘する。主人公の声をドラマシリーズ「バイプレイヤーズ」などの北香那、彼が慕う女性を蒼井優が担当。アニメーション制作会社「スタジオコロリド」が制作し、短編『陽なたのアオシグレ』などの石田祐康が監督を務めた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

毎日学んだことをノートに書きためている小学4年生のアオヤマ君が暮らす郊外の街に、突如ペンギンが現れる。アオヤマ君は、海のない住宅地になぜペンギンたちが出現したのか、その謎を解くために研究を始める。そして、行きつけの歯科医院で仲良くしているお姉さんが投げたコーラの缶がペンギンに変身する瞬間を目の当たりにし......。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

「ペンギン・ハイウェイ」世界は謎だらけ。だから世界は素晴らしい

 また一つ傑作アニメが生まれた。それも若い新しい才能によって。本作の中核を担う石田祐康監督とキャラクターデザインの新井陽次郎はこれまで「台風のノルダ」や「陽なたのアオシグレ」などの短編映画を制作、その爽快なアニメセンスで知られていたが、それを活かせる最高の題材を得て、長編映画でもその才能を見事に発揮してみせた。

 ある日、街中で大量のペンギンが目撃される。研究熱心な小学四年のアオヤマ君は、この謎を解くべく奔走するが、調べれば調べるほど謎が増すばかり。もう一つのアオヤマ君の関心事は、歯科医院で働くキレイなお姉さん。屈託のない性格の女性だが、どこかミステリアスな存在。その2つが奇妙に交錯すると、謎はますます深まるばかり。しかしアオヤマ君の探究心は俄然燃え上がる。

 ペンギンの突然の氾濫も、お姉さんとペンギンの関係も荒唐無稽で意味不明である。しかしそのことがちっとも不快じゃない。なぜなら子どもの頃に出会う、世界のあらゆる謎は、最初は意味不明なものだったはずだから。

 小さい頃、世界は広かった。世の中にはわからないことだらけで、だからこそ調べるのが楽しく、調べれば調べるほど、世界は広がっていった。しかし、大人になるにつれ、そんな探究心はどこかに行ってしまった。それどころか、わからないものに接すると不安を覚えることさえあるようになった。

 でも、そんな自分もかつては世界の謎に目を輝かせていたはずなのだ。本作はその頃の宝石のような思い出を、見事に蘇らせてくれる。弾むお姉さんの胸、空を飛ぶペンギンたち、どこまでも拡がるかのような海の世界。少年たちの探究心に合わせてどこまでも拡張していく世界を伸びやかなアニメーションで表現してみせた。

 もしあなたが人生を退屈に感じているなら是非本作を観てほしい。きっと子どもの頃に持っていた世界に対するワクワク感を取り戻させてくれるはずだ。(杉本穂高)

映画.com(外部リンク)

2018年8月9日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ