ここから本文です

上映中

メアリと魔女の花 (2017)

MARY AND THE WITCH'S FLOWER

監督
米林宏昌
  • みたいムービー 876
  • みたログ 4,518

3.07 / 評価:3,751件

解説

『借りぐらしのアリエッティ』などの米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、プロデューサーの西村義明が設立したスタジオポノックで制作したアニメ。メアリー・スチュアートの児童文学を基に、魔女の国から盗み出された禁断の花を見つけた少女の冒険を描く。少女メアリの声を務めるのは、『湯を沸かすほどの熱い愛』やNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの杉咲花。脚本を『かぐや姫の物語』などの坂口理子、音楽を『思い出のマーニー』などの村松崇継が手掛ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

無邪気で不器用な少女メアリは、森で7年に1度しか咲かない不思議な花“夜間飛行”を見つける。この花は、魔女の国から盗み出された禁断の花だった。一夜限りの不思議な力を得たメアリは、魔法大学“エンドア”への入学を許されるが、あるうそをついたことから大事件に発展してしまい……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)「メアリと魔女の花」製作委員会
(C)「メアリと魔女の花」製作委員会

「メアリと魔女の花」ジブリを離れ新たな世界へ踏み出した監督の決意が伝わってくる

 米林監督の作品にはいつもヒロインが未知なる世界へ向けて歩み出す中で、ふと静かに意志を固める瞬間がある。わずかな表情の変化。研ぎ澄まされる空気。奇をてらわず、こういった描写を真正面からじっくりと捉える様に、彼の語り手としての誠実さや真摯さが伝わってくる。

 その長編第3作目は、これまでに比べてだいぶ事情が変化した。母体のジブリ制作部門は一旦解散となり、今回はまさに彼自身が未知なる世界に踏み出しての挑戦となった。かくも彼はジブリから遠ざかったはずなのに、なぜか今回の作品には表現の端々に様々なジブリ作品の記憶が夢の扉からあふれ出してきたような、どこか率直なほど懐かしい描写が詰まっている。その只中を突き進む赤毛の少女メアリ。豊かな自然に囲まれた村に引っ越してきたこのヒロインはある日、7年に1度しか咲かない不思議な花と遭遇。それを手にしたことから一夜だけの魔法使いとなり、ホウキにいざなわれて魔法大学へとたどり着くのだが????。

 「魔女の宅急便」のような代々受け継いできた魔女ではなく、メアリはごく普通の女の子に過ぎない。魔法大学の敷地内では奇想天外な描写が次々と巻き起こるし、個性豊かなキャラクターや多様な動物たちも入り乱れる賑やかさ。しかしこれほど魔法を詰め込みながらも、最終的に運命を切り開くのは自分の意志。ジブリで培ったアニメーションの魔法を今後どうやって越えていくべきか問い続ける米林監督は、このヒロインを自身の羅針盤として捉えているのかもしれない。そう考えると彼女が握りしめるホウキがまるでペン先のようにも見えてくるではないか。

 「思い出のマーニー」で丸いメガネの少女役を演じた杉咲花の声が、本作でも等身大の角度で実に素晴らしく響き渡る。田舎での暮らしに退屈し、魔法との出会いでドキドキを加速させ、やがて一つの過ちを取り返そうと小さな勇気を身体いっぱいにみなぎらせていくメアリ。そして本作もやはり、彼女が静かに意志を固める様子を真正面からじっくりと捉えるのだ。その瞬間、少女のあどけなさは消え、瞳は大きく見開かれ、凛とした表情が広がっていく。「マーニー」に比べて観客の対象年齢はグッと幅が広がったようにも思えるが、年代によって多層的な見方もできる本作。きっとそれぞれの思いを投影させながらこの映像世界を思い切り滑空することができはずだ。(牛津厚信)

映画.com(外部リンク)

2017年7月6日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ