ここから本文です

ライズ -ダルライザー THE MOVIE- (2017)

監督
佐藤克則
  • みたいムービー 23
  • みたログ 106

4.54 / 評価:94件

是非見て欲しいご当地映画を超えた作品

  • yh0***** さん
  • 2017年11月13日 23時25分
  • 閲覧数 140
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ご当地ヒーロー市民映画のように捉えていたのだが、鑑賞したところ、そんな考えは一変。どうして、この作品が全国へ配給されないのかが不思議なほどの出来栄え。良質のエンターテインメント。
 タイトルからヒーローものと思わせておいて、ご当地ヒーローを目指す一般市民の物語。リアルな現実、それに伴う挫折感があり、コメディタッチに笑わされ、日常と敵役が出てくる非日常の絶妙な調和。そして、隠されたSFサスペンスが主人公を追い立てる。
 これは、日本の子供向けヒーローものではなく、ハリウッドのヒーローものと言って良い。さらに言えば、全く遜色ない。異なるのはただひとつ。主人公が必殺技や特殊能力をもつスーパーヒーローではなく、普通の人間ということ。
 ヒーローショーのアクションのために格闘技を習うが、あくまで地道な練習、努力の成果。同時に絶妙なコメディあり。
 偶然にも巻き込まれた敵役との闘い。無論、格闘アクションだが、真髄は胸の、心の奥にある確固たる刃。
 そして、迎えるラスト。ヒーローショーを目指していたヒーローは本物のヒーローになる。悪抱きまいらせ。そんな言葉が似合う真のヒーロー。
 現在、福島市のフォーラム福島で上映中。
 豊洲で行われている映画祭では、明日、11/14に上映予定。騙されたと思って観て欲しい。鑑賞後は確実に何かが変わる、そんな映画。ライズの現す意味を実感することだろう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • コミカル
  • スペクタクル
  • 切ない
  • 勇敢
  • 楽しい
  • 泣ける
  • 知的
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ