ここから本文です

ライズ -ダルライザー THE MOVIE- (2017)

監督
佐藤克則
  • みたいムービー 28
  • みたログ 136

4.56 / 評価:125件

最後を変えるこぶしではないもの

  • sas***** さん
  • 2018年3月16日 15時03分
  • 閲覧数 181
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

途中にアクションが多くありますが、それは必然的でありながら、
結果としては「過程」であり、
最終局面を変えたものはなんだったかということが、2回見て反芻した後で響いてきました。
敵側の描く世界と、次の世代も当たり前にこの街で暮らしていけるようにしたいという願い。言わば理想対理想を突きつけられたとき、ひとはどちらを選ぶのか。
この映画のラストが恣意的に選んでいる方を、人々は本当に選ぶだろうか。選ぶんだろうと思えるなら、この国にはまだ希望があるんじゃないかと思います。

それと、重要な部分を地元市民が担ったということを伏せて、見終わった後から明かしたときに、見終わった方の感想が一様に驚きになるのが面白い。それほどに普通に映画になっています。変な褒め方だけど。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ