ここから本文です

ライズ -ダルライザー THE MOVIE- (2017)

監督
佐藤克則
  • みたいムービー 23
  • みたログ 106

4.55 / 評価:95件

熱い思いがつまった映画。

  • nek***** さん
  • 2017年11月25日 0時10分
  • 閲覧数 37
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

白河がどのような街か、ご当地ヒーローがどういったものか、
内容もほぼわからなかったのですが、この映画を観たいという
軽い気持ちで観に行きました。

「上映時間が長い」コレは最初にちょっとしんどいかな…と
正直思っていましたが、見進めて最後のエンディングに行くまで
とても早く感じました。ですが、エンディングロールも全部終わった
最後の最後の終わり方が…ちょっと…。正直なとこ「冷めてしまった」
あのままカッコよくというか、熱量の高いまま終わってほしかったのが
正直な思いです。

見かけはいわゆる『ご当地ヒーロー』だけど、中に持ってる部分は
『熱い思い』を持っている。でも、その『想い』は形違えど
敵もヒーローも『正義』であって、何が正しくて間違っているのか
自分がルールの中で、でもそれは自分勝手なものじゃなくて…と
いろんな葛藤や劣等、希望、いい意味での人間臭さが心を突き動かし
心の底から込み上げてくる熱い思いを私は感じました。

『何度でも立ち上がる』この言葉って、今、この現状だけでなく
自分の人生振り返ると誰しもが大小関わらず絶対に経験していることにも
置き換えられると思うのです。劇中でもそれぞれがそれぞれの物・事と
向き合い戦い、何度も何度も負けずに立ち上がり向き合う姿にグっと
掴まれました。

ヒーローものという概念を捨てて、たくさんの人に観てほしいです。
この熱量と思いを『心』で感じてほしいと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • 勇敢
  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ