ここから本文です

ライズ -ダルライザー THE MOVIE- (2017)

監督
佐藤克則
  • みたいムービー 23
  • みたログ 106

4.55 / 評価:95件

白河のヒーロー

  • dqs***** さん
  • 2017年8月22日 23時39分
  • 閲覧数 194
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

地元のご当地ヒーローとして活躍しているダルライザーが映画を作り、それがクオリティが高い作品になっているから観ようと友人に誘われ、観に行きました。
最初はご当地ヒーローが作る映画なんて、どうせくだらないだろうとタカをくくって居ました。
でも、見始めてすぐに、あれっ?面白い。
ダルライザーが生まれる前。主人公が役者を諦めて地元に帰り、家族のために差し障りのない仕事を淡々とこなす日々。
自分はこんなんじゃないと思いながらも、何も出来ない葛藤を抱える姿は自分に重なるようでした。

ストーリーもここから事実とフィクションを織り交ぜて展開されて行きますが、その展開のテンポが巧妙でついつい引き込まれて行きます。

ダルライザーというご当地ヒーローがどう生まれたのか、単なる地域興しのためのキャラとしてではなく、ダルライザーの中の人がどういう思いや葛藤を抱いて居たのか迫るストーリーは地元の人だけの感動には止まらないかと思います。

また、メインキャスト以外はすべて白河市民の人達が演じており、ダイスの面々も実際に演じるのは初めてという方ばかりでした。
なので、所々に拙さはあるものの、本当に物凄く練習をしたんだろうなという印象を強く受けました。(実際、1年半に及ぶ稽古を重ねたようです。)
全力で演じる人達一人一人の思いがグッと伝わる演技でした。

まさか泣かないだろうと思っていましたが、最後の展開に涙しました。

ダルライザーの信念である、何度転んでも起き上がる、誰も殺さないという熱い思いがしっかり投影されたラストでした。

音楽も福島にゆかりのある方々が作り上げており、ボーカル担当は白河市出身のサイサイのすぅちゃんが歌っています。
格好良く、響く歌が映画の雰囲気とマッチしていました。

また第二弾、第三弾と出るものなら観てみたいです。
DVDも出たら必ず買いたいです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • 勇敢
  • 泣ける
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ