ここから本文です
【お知らせ】2019年5月23日(木)14~17時の間、メンテナンスのため一部機能(レビュー投稿・みたログ・みたいムービー・まとめ・お気に入り映画館・Myムービー)がご使用いただけません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

ラ・ラ・ランド (2016)

LA LA LAND

監督
デイミアン・チャゼル
  • みたいムービー 4,704
  • みたログ 2.5万

4.08 / 評価:21,275件

オシャレ恋愛ミュージカルが好きな人ほど

  • 774***** さん
  • 2019年4月7日 22時20分
  • 閲覧数 645
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

デイミアン・チャゼル監督の実力を確かなものにし、話題をかっさらった今作!
のイメージは、オシャレで素敵な恋愛のミュージカル映画という感じではないでしょうか。

そんな映画が好きで見てみようと思った人ほど、この結末にショックだったかもしれません。
最後の方に映された、もしふたりが結婚していたら‥‥‥というシーンがエンディングになってほしいと思う気持ちは分かります。

ただ、後半から、ふたりがうまくいかない感じは伝わってきましたし、最後もそうなるんだろうなぁと自然と思っていました。
ですが、これは決してバッドエンドではありません。何故ならふたりは夢を叶えたから。
そして最後の最後、思わぬ再会をして、また別れるときにふたりが目を合わせ、ほほえみ合うシーン。これがあるから、あぁ悪くないなぁと、より一層思えるんじゃないでしょうか。
これがあるのとないのとでは全くイメージが変わりますし、絶対見逃さないでほしいところでもあります!

ストーリーはシンプルです(あえてそうしたのかもしれません)が、これはミュージカル映画。歌やダンス、そういうパフォーマンスも重要です。
その点に関しては文句なかった。特に最初と最後のシーンは圧巻でした!

評価はすごく迷いましたが、やはり監督の演出に持っていかれちゃったので4点にします!

今作は前作セッションと共通するのはジャズぐらいじゃないかってぐらい違っていました。
色々な作品の幅を見せてくれるデイミアン・チャゼル監督のファースト・マンはもちろん、それ以降の作品も楽しみです。

ちなみに、セッションを見てから今作を見ると、両方に出演しているJ・K・シモンズが出ていたシーンを、より楽しめると思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ