ここから本文です

リトル・ミス・サンシャイン (2006)

LITTLE MISS SUNSHINE

監督
ジョナサン・デイトン
ヴァレリー・ファリス
  • みたいムービー 1,386
  • みたログ 6,280

4.17 / 評価:1,858件

解説

サンダンスを始め、多くの国際映画祭で、スタンディング・オベーションの絶賛を受けたロードムービー。美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、黄色いワゴン車に乗ってコンテスト会場を目指す姿を描く。主人公の家族を演じるのは、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレル、『イン・ハー・シューズ』のトニ・コレットら。機能不全に陥った一家族が、旅を通して再生していくハートウォーミングな展開が見どころ。第19回東京国際映画祭で最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞など最多3部門を受賞した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フランク(スティーヴ・カレル)らと車で決勝大会の会場を目指す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C) 2006 TWENTIETH CENTURY FOX
(C) 2006 TWENTIETH CENTURY FOX

「リトル・ミス・サンシャイン」アメリカ的な価値観に異議を唱える気骨あるドラマ

 個性が強すぎて協調性ゼロ。悩みとトラブルの絶えない家族が、ひょんなことから“絆”を取り戻していく。そんなどこにでも転がっていそうな話のホームドラマなのだが、これほど強烈なインパクトをもたらす映画にはそうそうお目にかかれない。天真爛漫な娘を美少女コンテストに出場させるため、アリゾナからカリフォルニアへの旅に出たフーバー一家の6人が、フォルクスワーゲンのミニバスに乗り込んでおかしな珍道中を繰り広げる。

 乾いた空気の広大な大地を黄色いミニバスがゆく様は、いかにもアメリカンな光景なのだが、実はこれ、アメリカ的な価値観に異議を唱える骨っぽいドラマでもある。国民の経済格差が広がり、いつしか社会には人を勝ち組と負け組に二分する風潮が定着した。もちろんフーバー一家は筋金入りの大負け組だ。しかしこの映画は一家のどうしようもないダメっぷりを痛烈かつ執拗に描写しつつ、「負け組の何が悪い。そんなこと勝手に決めつけるな!」と主張する。ユーモラスなタッチの中に、いじめられっ子が無敵のガキ大将に噛みつくような妙な迫力がこもっている。こんな一家が参加するクライマックスのミスコン・シーンは、当然ハチャメチャな大混乱に陥る。負け犬一家の開き直った大暴れに拍手喝采だ。

 こうした社会風刺や家族の再生ドラマを説教臭く描くのではなく、ちゃんと映画らしく“見せる”巧みな工夫が為されていることも見逃せない。その最たる例は、故障したミニバスのエンジンをかけるため、ドライバーのパパ以外の5人が車を押さねばならないという設定。そう、このバラバラのダメ家族は、当の本人たちがさっぱり気づかぬうちに映画の前半で“一致団結”しているのだ! 実にチャーミングで懐の深い快作である。(高橋諭治)

映画.com(外部リンク)

2006年12月28日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ