ここから本文です

ルートヴィヒ (2012)

LUDWIG II

監督
マリー・ノエル
ピーター・ゼアー
  • みたいムービー 21
  • みたログ 102

3.63 / 評価:46件

勉強にはなるけど、好きにはなれない。

  • 百兵映 さん
  • 2016年1月22日 11時39分
  • 閲覧数 968
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 こういう王様も居らっしゃいましたか。音楽家、特に作曲家にはいわゆる“困ったサン”が多いのは周知のことですが、音楽ファンの中にも“困ったサン”が居るのですね。この方の場合は一国の王なのだから、なおさら“困った”ことです。

 宮廷音楽家のワーグナーさんにも困ったものです。パトロンに寵愛されると我がままの度が過ぎて来ます。こういう時よく「音楽のため」「芸術のため」と言います。おそらくご本人たちも本気でそう思っているようですが、そこに社会との協調性はありません。

 音楽に限らず、また芸術にも限らず、宗教や思想信条でも同じことで、心酔していることについては他者との協調は無理なのでしょう。理解し合っているように見えても、やがて理解に齟齬が生まれ、ついには決別しかねません。そのいい例がこの王様と作曲家の関係です。身辺の実生活においても、そういう例はいくらでも見て来ました。

 こういう芸術家は政治にも権力にもよく利用されます。チヤホヤされて、煽てられると弱いようです。仕方ないんです。そういう“困った”性分なのでしょうから。で、彼の音楽は? いいんじゃないでしょうか? 壮大で、美しくて、等々……。こういう音楽はこういう“困ったサン”でないと書けないのですか?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ