ここから本文です

ワン・フロム・ザ・ハート (1982)

ONE FROM THE HEART

監督
フランシス・フォード・コッポラ
  • みたいムービー 50
  • みたログ 219

3.53 / 評価:91件

ブルーレイで視聴

  • gettoughbetough さん
  • 2013年1月6日 23時59分
  • 閲覧数 2098
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは、巨匠フランシス・コッポラが莫大な資金を注ぎ込んで製作したものの、興業的に大失敗してしまったという曰く付きの作品。かつてナスターシャ・キンスキーのファンだった自分も劇場で観たものの、彼女のシーン以外はあまりパッとしなかった記憶がある。

でも、映像の美しさだけは強烈の脳裏に焼き付いていたので、この度のブルーレイ発売に合わせて購入。

82年の作品だけど、何故か4:3の画面比。これはおそらくコッポラの主張か?でも、やはり全シーンをスタジオにセットを組んで(このせいで金がかかった)撮影しただけあって、人工的でありながら雨に濡れた歩道や舞台となるラスベガスのダウンタウンのネオンなどが本当に美しい。ところどころに流れるスローテンポなソングは、雰囲気は出しているものの好き嫌いの分かれるところ。

ストーリー自体は単純明快。ケンカばかりしているフレデリック・フォレスト&テリー・ガー演じるカップルが、それぞれナスターシャ・キンスキー扮するサーカス娘&ラウル・ジュリア扮する気障なウェイター兼ピアニストに束の間の恋をするが、やっぱり元の鞘に収まるというもの。

キャストの中では、やっぱりナスターシャ・キンスキーのシーンがどこか幻想的で最も美しい。実際に自分でやっている綱渡り、玉乗り・・。綱渡りのシーンで両手に花火を掲げるところは妖艶なほど。

対して、非常に残念なのは主演の男女二人に華がなく、前述のナスターシャ・キンスキーやラウル・ジュリアに食われてしまった感があること。

いずれにせよ、ストーリーはともかくコッポラ監督がこだわりぬいた映像美を堪能するならば一見の価値あり。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ