ここから本文です

上映中

人魚の眠る家 (2018)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 665
  • みたログ 827

4.01 / 評価:652件

「私は殺人者ですか?」…切なかった…。

  • han***** さん
  • 2018年10月16日 15時30分
  • 閲覧数 2178
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

突然、家族が・愛する人が「脳死」「ドナーに」決断出来ない人がほとんだと思います。
免許を持っている方なら裏に「ドナー」に関しての同意の部分がある事見たことがあると思います。記入していますか?私は空欄のままです。
臓器提供によって生きられる人がいる、頭ではわかっているのですが、もしこの主人公の様に突然突き付けられたら私も決断できないと思います。体は温かく生きているのですから。

この作品に出演の皆さん、ご自身もお子さんがいる方が多いせいか目線・視線が温かいです。だからこそ進んでいくストーリーに目頭が熱くなります。
それぞれの役ならではの切なさがあり、祖母と娘の関係、姉妹の関係、夫との関係…。
母親役の篠原涼子さんの演技が光る作品であり、母の溢れる愛を感じられる。
最初から最後迄じっくり見て欲しいと思います。最後につながる伏線が沢山あります。涙々ではありますが、観終わった後にも残るものがあります。数日経ってもまだ消えないシーン・感情、全ての人に見て欲しい作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
  • 切ない
  • 悲しい
  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ