ここから本文です

2017年3月25日公開

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦 (2017)

監督
金田治
  • みたいムービー 29
  • みたログ 10

2.88 / 評価:8件

ドラマ重視、推しキャラの居る人は

  • tia***** さん
  • 2017年3月16日 7時24分
  • 閲覧数 974
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

完成披露で一足早く観てきました
自分の推しキャラの話は交えず客観的な感想をいうと、いつもこの時期のお祭り映画は作らなくてもいいのではというくらいな作品が多かったですが、今回はお祭りとみせかけて非常にドラマ性が高く、シナリオもきちんと回収されててよかったと思います。

脚本家さんが本編とは違うので若干のキャラ崩壊は仕方ない事ですが毎年観てる側としては許容範囲かと思いました。

ただ、シナリオはエグゼイドの世界が中心で進むのでエグゼイドを全く観てない人にはつまらないと思われてしまう可能性があります。さらに今年のメインのエグゼイド、キュウレンジャーもキャラクターによって出番が激しく異なり、声だけの出演者も居れば最初から最後まで主人公以上に目立って活躍するライダー、戦隊キャラもいます。
予告で期待してた復活キャラも登場はほんの少しだけでした。

とりあえずネタバレにならない程度に言うならストーリーとしては春に上映されてきた映画の中では1.2と言えるくらいよかったです。
ただ、推しキャラの活躍を期待している人は当たり外れが大きいと思います。

とりあえず飛彩と永夢とポッピーとBN団とアムちゃんが好きな人は名作と皆さん言うと思います。ウッチーも思ってたよりは出番多くて活躍してました。それ以外のキャラ(特に変身前)はみんな出番ちょっとだけです。

ゲストのレジェンドキャラ達はコミカルな使われ方をされてましたが推し云々ぬかしてみれば親子一緒に観て楽しめるシーンだと思います。

メインで出てた俳優さんのお芝居の素晴らしさ、また、カメラワークも普段あまり撮られないような撮られ方をされているシーンも多く面白い作りになっていています。

本編と掛け持ちで撮影していた俳優さん、スタッフさんたちはクリスマス、お正月もほぼ無しで1月末までずっと撮っていたとのこと。本編のシーンも夜が多く、寒い中薄着で頑張って撮影されていたんだなーというのが伝わってきます。
頑張って撮影されてきたスタッフさん、俳優さんのことを考えると高く評価されて欲しいなと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
  • ゴージャス
  • ファンタジー
  • 切ない
  • 勇敢
  • 楽しい
  • 泣ける
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ