ここから本文です

傷跡 (2011)

監督
冨樫森
  • みたいムービー 8
  • みたログ 10

3.80 / 評価:5件

解説

中学時代にいじめを受けたことで心に傷を負い、故郷を離れ上京した主人公が13年ぶりに帰郷し、暗い過去と向き合う人間ドラマ。次代の映画人を育成するワークショップ「映画24区」の第1回製作作品で、同ワークショップの受講生である作家の五十嵐愛が脚本を手掛ける。監督は、『非・バランス』『あの空をおぼえてる』の冨樫森。冨樫監督のふるさとでもある山形の庄内を舞台に、いじめの被害者、加害者双方の複雑な心情を繊細に描き出す。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

13年前、東京で人生の再出発を願い故郷の鶴岡を出た加藤喜美(梨乃)だったが、就職や人間関係に加え恋愛でも自分の思う通りにいかない状況が続いていた。しかも、いまだに中学生時代に受けたイジメを忘れられない。東京でのOL生活を辞めた喜美は、過去の人生から逃げることなく自分と向き合うため、つらい思い出のある鶴岡へ帰郷するが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ