ここから本文です

君のまなざし (2017)

監督
赤羽博
  • みたいムービー 330
  • みたログ 5,622

2.83 / 評価:4,118件

申し訳ないが星一つで

  • ony***** さん
  • 2017年5月31日 23時06分
  • 閲覧数 2502
  • 役立ち度 563
    • 総合評価
    • ★★★★★

なぜか前売り券をくれる人がいたので普段は行かないが映画館に行くことに。
私は学生の頃にバンドを組んでましたが客のことなど考えず
自分のやりたいことをひたすらやって自分に酔ってました。
今となると恥ずかしい思い出ですが。
この映画見てて似たものを感じました。
客のことを考えず自分のやりたいことを詰め込んだ感じ。
自分に酔ってるんじゃないかな。ありがちなことですけどね。

私はアニメをよく見ますがアニメの作り手はキャラを立てるのに
めちゃめちゃ頑張ってます。
キャラが動き出さないと入り込めないし生きたセリフが出てこないから。
これ基本中の基本。
この映画はキャラが全く立ってない。魅力がないから全然入り込めない。
セリフも耳に入ってこない。初歩的なとこでつまづいてる感じ。
アニメに限らずドラマや映画をよく見る人だったらすぐにこりゃ
だめだとわかる。

最初は恋愛ものかと思わせたが全然違う。ではなぜ畳の上に転んで
抱き合ったり、嫉妬した子に水をかけられるシーンが入ったのか
(作者の願望?趣味?)
意味のない余計なシーンがたくさんあってストーリーにも入り込めない。
最後まで見たら伝えたいことがわからないわけではないが前半部分で
だいぶ距離が出来てて無理。

演技は下手だったがそれ以前にシナリオをつくり込まないとだめかな。
役者をうまい人がやっててもだめだったでしょう。
もっと上手な人たちの作品を勉強した方がいいですね。
本当にキャラが生きてたら感情移入できたり
共感できたりするしストーリに入り込めてぐいぐい最後まで
引っ張ってくれるから。

券をくれた人には当たり障りない感想を言っておきましたが
本音を言えないので書き込んじゃいました。

面白そうなミステリーと少し期待していたが残念。
申し訳ないが星一つで。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ