ここから本文です

上映中

夜明け告げるルーのうた (2017)

LU OVER THE WALL

監督
湯浅政明
  • みたいムービー 127
  • みたログ 435

3.88 / 評価:371件

解説

テレビアニメ「四畳半神話大系」などで高い評価を受ける湯浅政明監督作。複雑な気持ちを胸に秘める少年と、純真な人魚の少女との出会いと別れを描く。声優として子役の谷花音、『くちびるに歌を』などの下田翔大、柔道家でタレントの篠原信一ら多彩な面々が集結。脚本は『映画「聲の形」』などの吉田玲子、キャラクターデザイン原案を漫画家ねむようこ、キャラクターデザインと作画監督を「四畳半神話大系」でも湯浅監督と組んだ伊東伸高が手掛ける。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

両親が離婚して東京から寂れた港町・日無町に越してきた中学生の少年カイは、父親と祖父の三人で暮らしている。両親に対する複雑な思いを胸に日々を過ごす彼にとって、自ら作曲した音楽をインターネットにアップロードすることが唯一の楽しみだった。そんな中、人魚の少女ルーと出会い交流を深めていくうちに、カイは少しずつ周囲に心を開いていくが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2017ルー製作委員会
(C)2017ルー製作委員会

「夜明け告げるルーのうた」日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー

 「マインドゲーム」や先月公開された「夜は短し歩けよ乙女」など、独特の映像センスで知られる湯浅政明監督。その異能ぶりは国内外で高い評価を受け、コアなアニメーションファンから支持されているが、いよいよその才能が広く知られる機会がやってきたかもしれない。

 「夜明け告げるルーのうた」は湯浅監督の長編映画として初めてのオリジナル作品となる。日本アニメ屈指の個性派が自らのアイデアで、一体どんなケレン味ある作品を作ったのかと期待するファンも多いかもしれない。しかし、これが実に良い意味で同監督のイメージを覆す、爽やかな青春ファンタジーである。とはいえ持ち味を捨てることなく、見事に湯浅マジックを駆使して仕上げている。

 廃れた漁港の町に暮らす中学生のカイは、鬱屈した毎日を送っている。唯一打ち込めるものは音楽制作だが、それも誰にも言わずにネットに発表するのみ。ある日クラスメイトにバンドに誘われ、しぶしぶ練習に付き合わされたところで人魚の少女、ルーと出会う。音楽につられて楽しく踊るルーとの交流で、少しずつ前向きな気持ちを取り戻してくカイだが、町おこしに人魚を利用しようとする大人たちの策略に二人は巻き込まれてゆく。

 湯浅監督は自身の作品の感想に「人に奨められないけど面白い」など、妙なエクスキューズをつくことが多いのが不思議に思い、自分の好きなものは、素直に好きと言って良いはずというメッセージを本作に込めたそうだ。主人公のカイのように、音楽が好きなことを隠す必要なんてない、好きなものは素直に好きと叫んでいいんだ、そんな思いが込められた作品になっている。

 そうした若い人たちに向けたメッセージと共に、本作の大きな魅力は、小気味よいアニメーションの動き。作風はこれまでの湯浅監督の作風とは一線を画す爽やかな感動作だが、独特の遠近法やダイナミックなカメラワーク、揺れる人物の線画など、ダンスやアクションシーンでは湯浅監督の持ち味も存分に堪能できる。なによりヒロインのルーの表情も動きも愛らしい。彼女の魅力によって、子どもでも楽しめる児童映画としても非常に優れたものになっている。

 もっとも、湯浅監督は「クレヨンしんちゃん」シリーズや「ちびまる子ちゃん」など、児童アニメでその腕をみがいた作家。子どもを楽しませる動きがどんなものか、肌で知っているかのような、どのシーンでもルーをはじめとしたキャラクターたちが本当に気持ち良く動く。

 湯浅監督は自身の持ち味を存分に発揮して、新境地とも言える王道青春ファンタジーを作ってみせた。心から好きだと叫びたい1本だ。(杉本穂高)

映画.com(外部リンク)

2017年5月18日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ