ここから本文です
Myムービーの旧データのダウンロード機能提供終了のお知らせ
2017年6月1日をもってMyムービーの旧データ(2014年7月以前)のダウンロードを停止させていただく予定です。 詳しくはこちらをご確認ください。

天使と悪魔 (2009)

ANGELS & DEMONS

監督
ロン・ハワード
  • みたいムービー 850
  • みたログ 6,005

3.55 / 評価:2,071件

原作は新型スペースシャトルが登場するSF

  • inv***** さん
  • 2017年2月9日 23時27分
  • 閲覧数 970
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

そこまで科学の進歩に拘るなら、モナリザが空気遠近法ではなかった事実も描くべきでは?
空気の霞みで背景の山が霞むのを描いたという通説はデマだった。●●美大では、スイスアルプスで発色性の良い油絵の具が発明されたのは、空気が薄くて物が良く見えすぎ景色の色が濃く見える高度だから。言い換えれば、それは低地では物が見えにくい事の立証で、ダ・ヴィンチはモナリザの背景にそれを描いたのだと。だがその場所がどこなのか今まで謎だった。ところが数年前イタリアの郷土史研究家がその場所を突き止めた。左の川はテヴェレ川。右の湖はその水源池。流域の標高はJR最高点の清里駅と同じ海抜1200メートル。山はモンテ・
フマイオーロで山頂は清里高原と同じ海抜1400メートル。スイスアルプスのブロッケン峠が海抜1500メートルだからそれに近い。美術の理論で空気遠近法が使えないとされる高度だった。フマイオーロは岩山でそれ自体が本当に灰色だった。緑の山が霞んでいたのではなかった。現代の気象学でも空気そのもので景色が霞むなんて怪奇現象はなく、天動説の時代の画家が考えた空想の気象現象にすぎない。ダ・ヴィンチは空気が青いと思っていた人だが、空が青いのはオゾン層が青いからで空気のせいじゃない。でも美大の教科書には今でも科学的な記述はなく中世のまま。科学の発展を妨げてるのが空気遠近法なのだ。だからX-33は開発失敗したんだろ。バチカンはどっちの味方なんだろうね?
中世絵描きのインチキ遠近法と、ロッキード・スカンクワークスの宇宙開発と。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ