ここから本文です

奇跡のリンゴ (2013)

監督
中村義洋
  • みたいムービー 271
  • みたログ 1,158

3.84 / 評価:771件

世の為、人の為に尽くした執念の感動作

  • jet***** さん
  • 2018年11月10日 21時46分
  • 閲覧数 223
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

久しぶりの鑑賞です。

世に実話をベースにした感動作は幾つもあります。
その多くが苦悩や逆境を乗り越えた努力の話です。
この作品もその一つですがこの作品は一味違います。

主人公は神の領域と言われ誰も着手しない林檎の無農薬栽培に挑戦するんですが、
その切っ掛けは妻の体調不良を取り除き、リンゴ栽培の将来を変えたいと言う思いからでした。

自分の為ではなく、多くの他人の為なんです。
そして筆舌に尽くし難い地獄の人生が始まります。

努力が実を結ぶまでに掛かった月日は約11年!
野菜も育てていたとは言え、生活を支える程の収入にはならず
11年以上もの間無収入であったと言います。

その間に周囲の人は離れていき、変人扱いまでされ
資材を投げ打って協力してくれた義理の父も亡くしてしまい
実の家族にも勘当同然の扱いをされてどんどん孤独になってしまいます。

家財を売るだけでは生活出来ず、出稼ぎまでするのですが
様々な苦境に立たされます。
原作では、出稼ぎ先のキャバレーでヤクザに殴られ前歯を無くしてしまった事が書かれています。

友人にも見放され後戻りできない所まできた主人公は周囲の目に精神的に追い詰められた事もあって遂に自殺も考えます。

11年!
生まれた子供も小学生になるまでの月日です!
妻や家族の為にこんな長い期間の苦境に耐えられるだろうか?
心を病み、自殺まで考えまで頑張れるだろうか?

次第に周囲の目も変わっていく…
周囲の農家組合の人達の視線や言動を責める気にはなれませんでした。
自分がその場にいたら間違いなくリスクを避けていたでしょう。

何より救いなのは義理の父親をはじめ、木村氏を取りまく家族達が彼を責めず
心の拠り所で居続けた事、周囲の人達も良い人達ばかりであった事です。

冒頭部分はコメディタッチですが、いつしかそんな雰囲気が無くなって作品に引き込まれていきます。
そして気付くと嗚咽している自分に気が付きました。

私は木村さんの努力と信念も然る事ながら周囲の人達の気持ちに感動しました。
菅野美穂さんの泣きの演技に貰い泣きしっ放しでした。

恐らく多くの方は木村さんの地に滲む様な努力と信念が実を結んだ最後に感動したと思います。
そこは私もそうなんですが、木村さんを支え続けた奥様とご家族の心意気と
決して責める事が出来ない周囲の人達が心を開き巨応力していく様に感動し
人としてどうあるべきか、どれだけの信念を持ち続けていられるかを自問せずにはいられない作品でした。

個人的にはキャスティングが秀逸です。
阿部サダヲ 彼のカラーを活かしつつ素晴らしい演技です。
菅野美穂  本作で最大の功労者!彼女の存在なくしてこの感動はあり得ません。
山崎努   日本人俳優で一番好きな俳優です。その存在感には脱帽です。
その他のバイプレイヤー達も違和感の無い演技と存在感で作品の質を高めていると思います。

派手な抑揚は無いですし、中盤からはどんどん重たい内容になっていくのですが目が離せませんでした。

中村作品は正直アタリ/ハズレがあるんですが、この作品は中村監督渾身のアタリ作品です。
まだ観ていない方がこのレビューを鑑賞する切っ掛けして頂けると嬉しい限りです。

他にも…
殿、利息でござる!
ポテチ
ジェネラルルージュの凱旋  辺りは良作なのでお勧めです!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ