ここから本文です

上映中

女と男の観覧車 (2017)

WONDER WHEEL

監督
ウディ・アレン
  • みたいムービー 190
  • みたログ 265

3.54 / 評価:211件

解説

オスカーの常連ウディ・アレンが監督を務めた人間ドラマ。1950年代のアメリカを舞台に、男女の恋と欲望、人生の切なさが描かれる。安定を願う一方で、刹那的な恋に身を投じる主人公を『愛を読むひと』などのケイト・ウィンスレットが演じるほか、ミュージシャンのジャスティン・ティンバーレイク、『午後3時の女たち』などのジュノー・テンプル、『ゴーストライター』などのジム・ベルーシらが出演。3度のオスカーに輝き、『カフェ・ソサエティ』でもアレン監督と組んだヴィットリオ・ストラーロが撮影を担当した。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1950年代のコニーアイランド。遊園地のレストランでウエイトレスとして働く元女優のジニー(ケイト・ウィンスレット)は、再婚同士の夫と自分の連れ子と一緒に、観覧車の見える部屋に住んでいた。平凡な日々に幻滅し、海岸で監視員のアルバイトをしている脚本家志望のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)とひそかに交際するジニーだったが、ある日久しく連絡がなかった夫の娘が現われたことで歯車が狂い始め……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
Photo by Jessica Miglio (C)2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

「女と男の観覧車」ケイト・ウィンスレットの翳りある美しさ。致死量の劇薬が盛られた逸品

 八十歳を超えてなお、ほぼ毎年一本のペースで新作を撮り続けているウディ・アレンは、まさに驚異というほかない。軽妙洒脱な風俗喜劇が目立つが、時おり「マッチポイント」(05)、「ブルージャスミン」(13)のような強烈な毒を含有する傑作を放つので目が離せない。「女と男の観覧車」もやはり致死量の劇薬が盛られた逸品で、見終えてしばし茫然となった。

 舞台は1950年代、幼少期のウディ・アレンの魂の故郷ともいうべきコニー・アイランド。このリゾート地を舞台にしたメロドラマの名作「悲しみは空の彼方に」(59)を彷彿させるのは、天才ヴィットリオ・ストラーロのキャメラが50年代ハリウッド映画の色彩感覚をデリケートなまでに完璧に再現しているからだ。くすんだ色調と儚さは、ヒロインのウェイトレス、ジニー(ケイト・ウィンスレット)の心象そのものでもある。同じ遊園地に勤める夫(ジム・ベルーシ)、放火癖のある問題児の息子と暮らすジニーは裏で大学生のミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)と不倫している。そこへギャングと駆け落ちした夫の娘キャロライナ(ジュノー・テンプル)が突然、帰還したことから、一見、平穏な日常の歯車が狂い始める。

 当初、知的に見えた語り手のミッキーがまったく頼りがいのない俗物であることが暴露され、むしろ彼を触媒にして、女優だった過去の夢を引きずるジニーの魅力がより一層際立ち、キャロライナが意外な向上心と知性の持ち主であることが明かされるアイロニーに満ちた語り口は、ウディ・アレンの真骨頂である。

とりわけ中年にさしかかったケイト・ウィンスレットの翳りある美しさは特筆すべきだろう。取り返しのつかない過失を問われ、濃いメイクで隈どられた鋭い眼差しで、ミッキーに大見えを切る痛々しいシーンは、「サンセット大通り」(50)のグロリア・スワンソンを想起させるほどの鬼気迫る名演だ。脂ぎったテネシー・ウィリアムズとメランコリックなチェーホフ劇を絶妙にブレンドしたような苦い味わい。今のアメリカ映画で、こんな複雑精妙な作品を撮れるのは、ウディ・アレンだけである。(高崎俊夫)

映画.com(外部リンク)

2018年6月21日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ