ここから本文です
【お知らせ】2019年5月23日(木)14~17時の間、メンテナンスのため一部機能(レビュー投稿・みたログ・みたいムービー・まとめ・お気に入り映画館・Myムービー)がご使用いただけません。ご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

上映中

希望の灯り (2018)

IN DEN GANGEN/IN THE AISLES

監督
トーマス・ステューバー
  • みたいムービー 165
  • みたログ 114

3.67 / 評価:87件

解説

旧東ドイツを舞台に、社会の片隅で生きる人々を描いたヒューマンドラマ。スーパーで働く無口な青年を主人公に、互いを支え合う、悲しみや心の傷を抱える人々のささやかな幸せを映し出す。主人公を演じたのは、『未来を乗り換えた男』などのフランツ・ロゴフスキ。原作はクレメンス・マイヤーの短編「通路にて」。トーマス・シュトゥーバーが監督を務めた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

旧東ドイツのライプチヒ。27歳の無口な青年クリスティアン(フランツ・ロゴフスキ)は、スーパーマーケットの在庫管理係として働くことになる。仕事を教えてくれるブルーノ(ペーター・クルト)や魅力的な年上の女性のマリオン(ザンドラ・ヒュラー)ら職場の人たちは、親切だったが節度があった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH
(C)2018 Sommerhaus Filmproduktion GmbH

「希望の灯り」無機質な世界さえ愛おしく感じられる、われわれの眼差しを優しくさせる映画の力

 「なんとドイツ映画にホアキン・フェニックスが!」と目を疑った人間はわたしだけではないはずだ。どれだけ似ているかは本編で確認していただくしかないのだが、少なくとも何か場違いの所に生まれてしまった居心地の悪さや、にも関わらずどこかで周囲の人間の心を捉えて離さない秘められた優しさのようなものと、彼を閉じ込める「居心地の悪い」閉じられた社会をその優しさによってゆっくりと変えてゆく力のようなものを、ホアキンと同様にこの映画の主人公からも感じられるのではないかと思う。

 舞台となるのは巨大スーパーマーケットの店内。映画の8割くらいがその中で語られていく。その「閉じられた社会」に主人公が雇われるところからこの映画ははじまるのだが、もちろんこの映画の主人公は無法者でもスーパーマンでもなく、社会への適応不能者に近い存在で、つまり彼の社会的な「無能さ」が周囲にちょっとだけさざ波を起こすと言ったらいいか。彼に仕事を教える男、彼を見初める女性従業員など、彼が何もしない、できないことによってはじめて彼と関わりはじめる。「何もしない」というアクションを、彼は無意識のうちに行っているのだと言いたくもなる。

 その中で彼らの背景が少しだけ見えてくる。もちろん多くは語られない。背景がほのめかされるくらいなのだが、それで十分なくらいに閉じられた社会の向こう側の世界の広がりが一気に見えてくる。ドイツの歴史、人類の所業、現代人たちの抱える悩み。主人公とともにそれを垣間見たわれわれが次にスーパーの風景とそこで働く人々の姿を見たとき、商品はいつものようにそこにあり、人々はいつものようにそこを動くだけにも関わらず、でも何かが違う。少しだけ垣間見たそれらの背景が、われわれの眼差しを優しくさせるのだろうか。無機質だった世界の姿が愛おしく感じる。それこそ今われわれに最も求められていることなのではないだろうか。映画はいつもこんなやり方で、われわれと世界を救ってくれる。(樋口泰人)

映画.com(外部リンク)

2019年3月28日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ