ここから本文です

悲しみよこんにちは (1957)

BONJOUR TRISTESSE

監督
オットー・プレミンジャー
  • みたいムービー 45
  • みたログ 249

3.65 / 評価:54件

サガン小説の見事な映像化

  • al2***** さん
  • 2015年4月13日 14時51分
  • 閲覧数 1607
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランスの女流作家フランソワーズサガン18歳の時の処女作の映画化
主人公セシル役のジーンセバーグがはまり役ですばらしく「勝手にしやがれ」とともに彼女の代表作として有名な名作

白黒の現実とカラーの思い出
父と娘の親密すぎる愛情
思春期の無邪気さとわがままな残酷さ

有名な原作の映画化はファンに受け入れられない場合も多いが
本作はそれまでの(大人のお話)か(子供のお話)だけだった映画の世界にどちらにも属しない悩める思春期が名匠オットープレミンジャーによって見事に描かれていてのちの青春映画にも多大な影響を与えている傑作です

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ