ここから本文です

上映中

星を追う子ども (2011)

監督
新海誠
  • みたいムービー 241
  • みたログ 1,493

3.57 / 評価:1,200件

画コンテをきったのは誰だ!あぁぁ監督だ!

  • enj***** さん
  • 2011年5月9日 12時44分
  • 閲覧数 3402
  • 役立ち度 109
    • 総合評価
    • ★★★★★

どうしてくれよう。どうしてくれようこの気持ち。

別に私は新海誠ファンでも、今のジブリファンでもない、ただの1アニメ好きだ。

毎回毎回、特に期待もせずに新海誠の最新作を観にいっては
「1800円はさすがに高い!金返せーーー!!!」
と思い、それでもこの監督の持つ引力に引き寄せられて
毎度こりずに観に来ている。

そんな、新海誠監督作品と馬が合わない私が初めて、
1800円払って良かった!と思えたこの作品の内容はしかし、

ジブリだった!!!!!

いや、ストーリーは良いんですヨ。
設定も素敵なんですヨ。
そして物語の終着点も割と良かったんですヨ。

なにが良くないって、画の構図とキャラ設定ですよ!

主人公がサツキに似ている。それはまぁ良い。
しかしなぜ彼女の学校をあんな、まんま「トトロ」にしたのだ!
彼女に友達がいる。それはまぁ良い。
しかしなぜ背格好も声も、サツキの友達に似ているのだ!
今にも「サーツキちゃーん!」と言い出すのではないかとヒヤヒヤしたではないか!

主人公の肩に小動物がくっついて回る。それはまぁ良い。
ピカチュウだってやってる事だ。
しかしなぜ動きもデザインもテトに似ているのだ!
おかげで門番のシーンでアスナが「怖くない・・・」と言うのではないかと
ヒヤヒヤした!

先生がムスカに似ている。でもああいう性格のキャラは五万といるので構わない。
アガルタへの入り口に石が必要。それもまぁ良いだろう。
しかしなぜ軍を率いつつ、最終的に部下を2人従えて
「お前達はここで待て」的な事を言って飛行石・・・じゃない、
クラリス(・・・姫の名前の専売特許!)をふりかざし
主人公を盾にとりアガルタへと入っていったりするのだ!
もう、構図がなにもかもラピュタだ!
しかも部下2人が「中佐!」と叫んだ!そこは大佐じゃねーのかよ!

そしてアガルタ。風景はファンタジーなら当たり前だから別に良い。
でも、景色を眺めたり、モノを置いたりするカットでご丁寧に
虫や魚や鳥を配置している。止めてくれ!
もうこのあたりはどこもかしこもジブリの専売特許だ!

シンが暮らす里に長老がいるのは構わない。
でも出てきたのは大ババ様!目が白い!大ババ様!会いたかったよ!
でも発する言葉はヒイ様だったね!

シンが髪を切る。
あぁ、アシタカがマゲを切ったのは「もう人間ではない」という重い意味があったのに
シンが切った理由は、兄に似てるから嫌なだけなのだ。
そして旅に出る。その流れは良い。
しかしなぜそんなマントを着たりするんだ。
アシタカなのかアレンなのかもうなにがなんだか。
シンを慕う少女が見送りにくる。
「兄様!」「カヤ!見送りは禁じられているのに・・・」
こんなやりとりがあったらどうしよう!ヒヤヒヤヒヤヒヤ。

馬に乗ってるシンの動きは、ひるがえり方から降り方、戦い方まで
アシタカの生き写しだ。何カットかはうっかりそのまま使用してませんか?
(中略)
シンとアスナが川に流される。川の表現がコハク川と一緒。
千尋の靴が流されてこないかとドキドキする!
このあたりからアスナがヘアピンをとり、
プリーツスカートで裸足になる。隣に二つ結びの少女を従えて。
この構図、ますますサツキに似てきたな。
ところでアスナはアガルタと人間のハーフだったんだね。
その設定は素敵です。滅びの呪文は教わらなかったのかな?

アスナ達は風の谷にたどり着く。
現れたのはエボシの部下達。アシタカを受け入れてくれない様に、
やっぱりアスナ達を受け入れてくれない。
しかし救ってくれたのはユパ様。
ユパ様とシンがマント姿で並んだ瞬間、ゲド戦記が完成する。

ケサルトルが現れる。このケサルトル、デザインも設定も素晴らしい。
なのにどうして右手がなくて、そんな歩き方をするんだ!
少女がテトを渡す瞬間、花を受け取るシータが見えたではないか!
良いシーンなのにどうしてくれよう!

先生が戦時中の自分を思い返す。そういう人物背景は、出し方もエピソード的にも素敵です。
しかし昔の画の影の付け方が宮崎駿だ。描いてもらった?

そしてキーパーソンの女性の声はなんと島本須美!
ナ、ナウシカー!い、いや、クラリスー!!!あ、クラリスは石の名前か!
もう大混乱。


*********************

全部書いてたら2000字超えるし疲れるので止めます。
なんという異常事態。

いっそのこと冒頭にジブリマーク
エンドロールに「制作 スタジオジブリ」と出してくれと、心から、心から願った。

そうすれば、自分の中で色んな事を整理し、消化できる。

・・・せめてジブリが作ったと言ってくれ!!


・・・最後に、こんなに色々書きましたが、映画自体は面白かったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ