ここから本文です

最強のふたり (2011)

INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE

監督
エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
  • みたいムービー 1,096
  • みたログ 7,202

4.31 / 評価:4,189件

解説

車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたヒューマン・コメディー。年齢や環境、好みも異なる二人が、お互いを認め合い、変化していくプロセスを描いていく。監督は、本作が長編4作目となるエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのコンビ。主演は、『歌え! ジャニス★ジョプリンのように』のフランソワ・クリュゼと『ミックマック』のオマール・シー。フランス本国のみならずヨーロッパで記録的なヒットを樹立した、笑いと感動に包まれた良質なコメディーを堪能できる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

「最強のふたり」偽善の匂いも居心地の悪さもない、笑って泣ける痛快コメディ

 たしかに最強だ! 昨年の東京国際映画祭で予備知識なく観賞し、幸福感を噛みしめながら思った。しかし日本では知られたスターは不在、主役は車椅子の中年と黒人青年、フランス映画でコメディじゃ、いくら作品がよくても配給が決まらないんじゃないか。

 これが杞憂に終わってほんとうによかった。あとは最強な作品力がモノを言ってくれるだろう。実際、この映画は驚嘆に値する。実話をベースとする障害者と介護人の話なのにゲラゲラ笑えるコメディで、「お涙頂戴」的なアプローチをしないのに観客すべての心を熱い感動で揺さぶるという映画なのだから。

 大富豪の紳士フィリップは、事故で首から下が麻痺してまったく自由が利かない状態。そんな彼が自分の介護役に選んだのが、スラム育ちのアフリカ系兄ちゃんドリス。子供がそのままデカくなったようなこのオトコは常識や偏見に縛られず、「障害者を障害者とも思わぬ」言動でフィリップを容赦なくおちょくる。だが、腫れ物に触れるような接し方をされる屈辱より、同情のかけらも見せないドリスの言動がフィリップにはどれほどありがたかったか。

 社会的立場も音楽の趣味も正反対なふたりが、互いを面白がる掛け合いはひたすら面白く、痛快だ。偽善の匂いも、居心地の悪さもまるでない。ただふたりが世界を広げ、共鳴を深めていく過程がうれしくて、笑顔のまま涙がぽろぽろ。実在の介護士はアルジェリア移民だそうだが、監督がドリスというキャラを逸材オマール・シーにあて書きしたことが、大きな勝因。彼のまっすぐな瞳と天真爛漫な笑顔を、きっと愛さずにはいられない。(若林ゆり)

映画.com(外部リンク)

2012年8月24日 更新

本文はここまでです このページの先頭へ