ここから本文です

上映中

来る (2018)

監督
中島哲也
  • みたいムービー 420
  • みたログ 807

3.24 / 評価:708件

来ないし 怖くない

  • tak***** さん
  • 2018年12月7日 14時43分
  • 閲覧数 1120
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

予告編や、原作などを見て、久しぶりに期待したホラーでしたが、、。
残穢を見たときと同じくらいのがっかりでした。
まず「来る」
来ません。
なんか超常現象はポツポツとは確かに来ますが肝心のぼぎわんさんが姿を表さない!しっちゃかめっちゃか物を壊し、人を殺し、、、。
ただのスプラッタ映画ではないかと、、、。

真のテーマである人間ドラマも、分かりやすくしすぎて深みも意外性も無く、結局ぼぎわんのポテンシャルにしか注目出来なくなります。見てる間は「まぁそれならぼぎわんのポテンシャル、ルックス、倒し方に期待しようかな」と期待値をシフトチェンジはできましたが終盤になるにつれぼぎわんの魅力がドンドン下がっていく印象を受けました。この映画でのぼぎわんの最大の魅力は残念ながらガラス越しでのご挨拶の場面だけ。あれ以上怖いシーンはありませんし、ぼぎわんへの期待値が上がるシーンはありませんでした。予告編でそのシーンはありますし、この映画はあの予告編以上でも以下でもない作品でした。

誉めるとこといえば各出演人の熱演とキャラクターとしての魅力だけでした。
クズ役は見事にクズに見えましたし、超能力者陣(?)の怪演は笑えるくらい良かったです。柴田さんは個人的にはツボでした。もっとこの人ドラム、映画でればいいのに。


見てて飽きはしませんが二度と見ないでしょう。
暇なときに見てやってもいいくらいの気持ちの作品でした。
あと中島哲也さんのカット割は個人的には好きなので悪くなかったです。あと音楽も割と好みでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ