ここから本文です

椿姫ができるまで (2012)

TRAVIATA ET NOUS/BECOMING TRAVIATA

監督
フィリップ・ベジア
  • みたいムービー 15
  • みたログ 15

3.75 / 評価:12件

ナタリーは映画女優には向かないと思った。

  • 深海魚 さん
  • 2014年1月9日 22時38分
  • 閲覧数 493
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

2011年のエクサン・プロヴァンス音楽祭で上演された「椿姫」が作り上げられるまでを追ったドキュメンタリーだ。舞台監督のアドバイスの凄さを理解することができた。俳優たちに自分のイメージを的確に伝えることができていた。プロが作るオペラの舞台は、やはり観客の見えない部分にまでこだわっている。

主演女優のナタリー・デセイの歌は感動的だ。しかし、それに比べて、踊りはお世辞にも上手いとは言えなかった。ラストの「死に方」も下手だった。ナタリーは偉大なオペラ歌手にはなれたが、映画女優としては大成しないだろうと思った。

112分の尺が、間延びしすぎている感じがする。もう少し編集をして尺を減らせば、キレ味が鋭い作品になったと思う。


2013年11月22日鑑賞 ☆3.4

パンフ:買わなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ