ここから本文です

猫なんかよんでもこない。 (2015)

監督
山本透
  • みたいムービー 162
  • みたログ 582

3.56 / 評価:487件

評価の分かれる作品

  • mameya0000 さん
  • 2017年3月21日 21時37分
  • 閲覧数 765
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

チャンネルNECOにて鑑賞。
原作マンガも好きでした。
原作は男性作家らしい飄々とした作風でそれが良さだったので
実写化されると聞いて正直複雑ではありましたね。

ミツオの飼い方(放し飼いや去勢・避妊手術など)について
他のレビューではかなり酷評されてますが
元々ネコに関しては知識がまるでない設定なので
「もっと人の言う事に耳を傾けていたら」とちゃんと反省して
これから飼い主になる人達へのメッセージも込められている。
と、思っていただきたいです。

猫なんか呼んでもこない。
最初からそれはわかっていた。
でも来ようが来まいが小さな命である事に変わりはない。
飼い主の勝手で短くも長くも出来る。
子育てと同じでペットに飼い主にしてもらうのだから。
ラッキーな猫たちは喜びも悲しみも連れて来た。
忘れたくない気持ちが漫画を描かせまたラッキーを呼んだ。
そんな終わり方なんですけどね。

この映画はペットを飼った事のない人には
全く理解されないだろうと思った。
飼った事のある人でも
辛い別れや選択を迫られた人にしかわからないだろうとも思った。
ペットの介護や
苦しんだ挙句の安楽死の選択の経験がある自分には
原作を読んで覚悟はしていたけど…声を出して泣いた。
この映画はそんな人が観る為の映画だ。

録画を見返す自信はないけれどきっと消去も出来ない。
ペットは可愛いだけの生き物ではないのだから。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
  • 切ない
  • 泣ける
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ